| ホーム | 詳解語 | 最近 | 全覧 | DL | 旧サイト | ログイン (登録)
| A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z |

日本遺伝学会 遺伝学用語集編纂プロジェクト

「訳語」に記入がある語

Hit: 2806
ID 英用語 属性 訳語 説明 重要度 分野 関連語 用語集 用語項目 スコア
808 genetic distance (1) 遺伝[的]距離【集団間の】 (2)地図距離 (1)集団間の遺伝的差異の程度を数値化した指標 (2)map distanceの意味で用いられることもある 主要語、重要 集団 詳しい説明の関連語 染色体地図 3.89
160 banding pattern (1) 横じま(縞)模様 (2)分染パターン【染色体の】 細胞 2.60
456 deficiency (1) 欠損 (2) 欠失 基礎 2.20
2138 three-point cross (1) 三点交配 (2)三点交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 3.25
2496 recipient (1) 受容体 (2) 受容菌 基礎 1.00
2529 placenta (1) 胎盤 (2) 胎座 【植物】 植物 3.00
1802 reversion (1) 復帰 (2) 先祖返り 基礎 3.57
1940 sexual 【形】 (1) 有性 (2) 性 基礎 1.67
2466 ovary (1) 卵巣 (2) 子房 基礎 1.00
2681 ovule (1) 胚珠 (2) 卵 植物 3.00
239 carcinogen (1)がん原[性]物質 (2)発がん要因 基礎 3.00
606 epistasis (1)エピスタシス (2)上位 遺伝子座が異なる別の遺伝子(上位遺伝子)によって、ある遺伝子(下位遺伝子)の発現が抑えられること 基礎 4.00
322 cloning (1)クローン化 (2)クローン生物作成 3.89
991 hybridization (1)ハイブリダイゼーション (2)雑種形成 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 4.11
924 heterozygosity (1)ヘテロ接合性(異型接合性)(2)ヘテロ接合度 ひとつの遺伝子座における集団の多様性を表す指標。集団から任意のふたつの対立遺伝子を取り出したとき、そのふたつがことなる確率。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) ホモ/ヘテロ接合 3.22
1481 outcross (1)異系交雑 (2)他殖 基礎 交配 3.86
1480 outbreeding (1)異系交配 (2)他殖 基礎 詳しい説明の関連語 交配 3.29
1300 migration (1)移住 (2)移入 集団 3.33
858 graft (1)移植片 (2)接ぎ木 基礎 1.75
831 genetic variation (1)遺伝的変動 (2)遺伝的多様性 狭義には集団内における対立遺伝子の多様性のことであり、進化プロセスにおける重要な概念である。広義には、集団間の多様性を指すこともある。 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 3.80
1579 polyandry (1)一雌多雄 (2)一妻多夫 進化 2.33
988 hybrid variety (1)一代雑種品種 (2)交雑品種 詳しい説明の関連語 種、系統、株 2.71
1586 polygyny (1)一雄多雌 (2)一夫多妻 進化 2.33
510 distal 【形】 (1)遠位 (2)端部 (3)末端方向 (1) 染色体上のセントロメアより離れた(テロメア近傍の)位置またはその方向。 1.25
165 base pair (1)塩基対、(2)塩基対【単位】 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.80
657 family (1)家族 (2)系統群 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 2.62
538 domestication (1)家畜化 (2)栽培化 基礎 2.75
600 environmental variation (1)環境変動 (2)環境多様性 応用 詳しい説明の関連語 遺伝学 3.40
704 foundation stock (1)基本系統 (2)原種 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 2.60
1726 reciprocal cross (1)逆交配 (2)逆交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 3.00
1729 reciprocal mating (1)逆交配 (2)逆交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 3.00
585 emasculation (1)去勢 (2)除雄 1.80
546 donor (1)供与体 (2)供与菌 3.00
548 dosage (1)供与量 (2)用量 (3)線量 基礎 2.25
550 dose (1)供与量 (2)用量 (3)線量 基礎 2.25
1660 proximal 【形】 (1)近位 (2)基部 (1) 染色体上のセントロメアに近い位置またはその方向。 2.00
2055 strain (1)系統 (2)株 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 3.50
1555 phylogeny (1)系統発生 (2)系統学 (3)系統 進化 詳しい説明の関連語 種、系統、株 3.00
1128 kinship (1)血縁 (2)近親関係 集団 3.00
379 consanguineous 【形】 (1)血族 (2)近親 人類 2.20
2130 test cross (1)検定交配 (2)検定交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 3.57
466 demography (1)個体群統計学 (2)人口統計学 集団 3.00
1036 individual variation (1)個体変動 (2)個体多様性 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.33
417 cross (1)交配 (2)交雑 主要語、重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 交配 4.00
1246 mating (1)交配 (2)交尾 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 交配 2.71
1247 mating behavior (1)交尾行動 (2)配偶行動 基礎 2.43
428 culture (1)栽培 (2)飼育 (3)培養 基礎 2.75
253 cell strain (1)細胞系統 (2)細胞株 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 3.29
986 hybrid sterility (1)雑種不妊性 (2)雑種不ねん(稔)せい 異なる系統・種・属などの間の交雑に由来する子孫が生殖能力を欠く現象 基礎 3.75
2132 tetrad (1)四分子 (2)四分染色体 3.29
1641 progeny (1)子孫 (2)後代 基礎 3.00
1449 offspring (1)子孫 (2)子 基礎 2.78
677 fingerprint (1)指紋 (2)フィンガープリント 人類・分子 2.33
491 dioecious 【形】 (1)雌雄異体 (2)雌雄異株 植物 3.00
902 hermaphrodite (1)雌雄同体 (2)雌雄同株 (1)雄と雌の表現型が同一動物個体に存在すること (2)雄花と雌花が同一の個体に発生すること 基礎 3.44
1328 modifier (1)修飾因子、(2)修飾遺伝子 基礎 3.25
860 group selection (1)集団選択 (2)群選択 進化 3.50
457 degeneracy (1)縮重 (2)縮退 分子 2.33
668 feminization (1)女性化 (2)雌性化 基礎 2.33
455 defect (1)障害 (2)異常 (3)欠損 基礎 1.40
1728 reciprocal crossings (1)正逆交配 (2)正逆交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 2.86
1772 reproduction (1)生殖 (2)繁殖 (3)増殖 基礎 3.00
670 fertility (1)生殖能 (2)ねん(稔)性 (3)妊性 (4)受精率 基礎 2.75
739 gametocyte (1)生殖母細胞 (2)配偶子母細胞 基礎 2.67
1048 inhibitor (1)阻害因子 (2)阻害遺伝子 主要語、重要 1頁使い詳しく説明(主要語) 相互作用する因子 2.71
1070 intercross (1)相互交配(2)相互交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 2.75
948 homoeologous 【形】 (1)相同 (2)部分相同 基礎 3.29
482 diallele cross (1)総当たり交配 (2)総当たり交雑 応用 交配 2.20
2713 somaclonal variation (1)体細胞変動 (2)体細胞多様性 基礎 3.00
1969 single cross (1)単交配 (2)単交雑 基礎 交配 2.60
1184 local variation (1)地域変動 (2)地域多様性 集団 詳しい説明の関連語 遺伝学 1.67
1157 lethal dose (1)致死量 (2)致死線量 基礎 2.50
19 adaptability (1)適応性 (2)適応力 基礎 2.50
1023 inbreeding (1)同系交配 (2)近親交配 集団 詳しい説明の関連語 交配 3.86
593 endosperm (1)内乳 (2)胚乳 植物 3.67
2613 bivalent (1)二価(2)二価染色体 減数分裂第一分裂前期(接合期)から中期にかけて,2個の相同染色体が対合した染色体像をいう。各染色体には2個の染色分体があるので,二価染色体は4個の染色分体から成る。通常少なくとも1個のキアズマが観察される。 基礎 5.00
489 dikaryon (1)二核相 (2)二核[共存]体 2.71
569 dyad (1)二分子 (2)二分染色体 基礎 2.71
669 fertile 【形】 (1)妊性 (2)ねん(稔)性 基礎 1.88
1573 ploidy (1)倍数性 (2)倍数関係 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 3.80
895 hemizygous 【形】 (1)半接合 (2)ヘミ接合 1頁使い詳しく説明(主要語) ホモ/ヘテロ接合 4.00
1913 semisterility (1)半不ねん(稔)性 (2)半不妊性 基礎 2.00
2306 recurrent backcrosses (1)反復戻し交配 (2)反復戻し交雑 応用 詳しい説明の関連語 交配 3.00
1757 repeated backcross (1)反復戻し交配 (2)反復戻し交雑 詳しい説明の関連語 交配 3.00
663 fecundity (1)繁殖力 (2)産卵力 (3)生殖力 (4)ねん(稔)性 基礎 1.40
639 expression (1)表現 (2)発現 基礎 3.25
1701 race (1)品種 (2)人種 (3)系統 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 2.14
1066 interbreed crossing (1)品種間交配 (2)品種間交雑 応用 交配 1.50
2047 sterile 【形】 (1)不ねん(稔) (2)不妊 基礎 2.75
2048 stelirity (1)不ねん(稔)性 (2)不妊性 基礎 3.25
2635 double cross (1)複交配 (2)複交雑 交配 1.00
495 diploid number (1)複相数(2n) (2)二倍数(2x) 基礎 3.00
497 diploidy (1)複相性 (2)二倍性 (1) (2)一倍性染色体セットが2つ存在する状態。そのような細胞または個体を二倍体という。有性生殖をする生物種の体細胞はふつう二倍性である。 基礎 詳しい説明の関連語 倍数体 2.75
493 diploid 【形】 (1)複相体 (2)二倍体 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 4.00
513 divergence (1)分岐 (2)多様化 基礎 2.12
2223 variation (1)変動 (2)多様性  主要語、最重要 基礎 diversity 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝学 3.50
2220 variability (1)変動性 (2)多様性 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.67
2222 variant (1)変動体(2)多様体 表現型または遺伝子型において、集団内で高い頻度で見られるものよりも低い頻度で見出される個体あるいは遺伝子。 基礎 3.50
146 backcross (1)戻し交配 (2戻し)交雑 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 交配 4.56
1226 male sterility (1)雄性不妊 (2)雄性不ねん(稔) 有性生殖世代において、雄性の胞子あるいは配偶子が欠損する現象。F1雑種個体を効率よく作出するために利用される 基礎 3.22
2075 suppressor (1)抑圧因子 (2)抑圧遺伝子 主要語、重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 相互作用する因子 3.00
1770 repressor (1)抑制因子 (2)抑制遺伝子 主要語、重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 相互作用する因子 4.00
1686 quantitative variation (1)量的変動 (2)量的多様性 応用 詳しい説明の関連語 遺伝学 3.00
1032 incross (1近交系内)交配 (2)近交系内交雑 基礎 交配 2.50
2197 2n 2n 2.67
2198 2n generation 2n世代 基礎 2.67
1 A 【略】 A 【ヌクレオチド塩基】 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 2.57
3 ABC model ABCモデル 植物 4.33
4 ABO blood group ABO血液型 人類 3.44
34 AFLP 【略】 AFLP 3.29
2325 APC 【略】 APC 0.00
2327 ARS 【略】 ARS 1.00
125 AT/GC ratio AT/GC比 分子 2.11
10 Ac/Ds system Ac/Dシステム 植物 3.67
2311 Ac element Ac因子 分子 5.00
68 Alu sequence Alu配列 分子 3.20
35 A-form DNA A型DNA 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
122 A site A部位 分子 2.29
143 BAC 【略】 BAC 2.62
197 BLAST 【略】 BLAST 対象とする塩基配列やアミノ酸配列を照会配列として、注目するデータベースに対して類似性をもつものを網羅的に探し出すコンピュータプログラムのひとつ。計算時間の短縮を図って、事前に短い配列をインデックス化して登録して計算を高速してある。ただし、長い配列の類似性の検出には向かない傾向にある。 ゲノム 4.11
177 B-form DNA B型DNA 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
145 B-chromosome B染色体 細胞 染色体 2.17
2801 C C 0.00
225 CAAT box CAATボックス 分子 2.25
2597 CAPS 【略】 CAPS 1.00
245 CATassay CATアッセイ 分子 2.50
2349 CDK 【略】 CDK 分子 5.00
2359 CMS 【略】 CMS 1.00
223 CNV 【略】 CNV 1.50
413 CRE 【略】 CRE 分子 2.00
317 ClB method ClB法 1.80
412 CpG island CpGアイランド ゲノムDNA配列内でシトシンに続きグアニンが並ぶCpG配列の含有率が特に高い領域。恒常発現遺伝子のプロモーター領域に多く認められる。 分子 3.22
415 Cre-loxP system Cre-loxP システム 分子 3.25
220 C 【略】 C【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 2.71
227 C-band Cバンド 細胞 3.00
2368 C-staining method C染色(分染)法 細胞 5.00
430 C value C値 基礎 3.86
228 C-paradox C値のパラドックス ゲノムが生物の「設計図」であるなら、生物の複雑さとゲノムの大きさ(C値)は相関するに違いないと直感的に考えられる。しかし現実にはそのような単純な関係はないことを指す。例えば、最大のC値のを持つ動物はハイギョである。 基礎 3.75
431 C-value paradox C値のパラドックス ゲノムあたりのDNA量(C値)が生物の体制の複雑さを反映しないようにみえること。 基礎 3.00
229 C-terminal C末端 分子 2.33
230 C-terminus 【pl.】 C-termini C末端 分子 2.00
453 DDBJ 【略】 DDBJ ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.75
440 DNA 【略】 DNA 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 4.11
522 DNA-DNA hybridization DNA-DNAハイブリッド形成 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 3.25
528 DNA-RNA hybridization DNA-RNAハイブリッド形成 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 3.50
529 DNA sequence DNA[塩基]配列 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.60
2380 DNA methylation DNAのメチル化 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノムインプリンティング 5.00
533 DNA virus DNAウイルス 3.00
532 DNA typing DNAタイピング 3.00
521 DNA chip DNAチップ 分子 3.44
526 DNA phage DNAファージ 2.50
524 DNA footprinting DNAフットプリンティング法 分子 3.00
527 DNA polymerase DNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 4.00
525 DNA library DNAライブラリー ゲノム 2.62
536 DNA vaccine DNAワクチン 3.00
531 DNA test DNA鑑定 3.00
520 DNA binding protein DNA結合タンパク質 分子 3.00
523 DNA fingerprinting DNA指紋法 分子 3.25
519 DNA amplification DNA増幅 分子 2.89
530 DNA sequencing DNA配列決定 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.70
2379 DNA sequencer DNA配列決定機 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 5.00
441 DZ 【略】 DZ 1.33
2385 Ds element Ds因子 分子 5.00
442 D loop Dループ 分子 2.75
586 EMBL 【略】 EMBL ゲノム The EMBL Nucleotide Sequence Database (EMBL-Bank) 詳しい説明の関連語 DNA配列決定 3.25
570 EMS 【略】 EMS 2.29
2571 EMS 【略】 EMS 1.00
2817 ER 【略】 ER 0.00
571 ESS 【略】 ESS 1.00
572 EST 【略】 EST 3.00
2637 En/spm 【略】 En/spm 分子 3.00
613 E site E部位 分子 2.50
649 F+strain F+菌株 細菌 2.33
650 F-strain F-菌株 細菌 2.33
660 FASTA FASTA 対象とする塩基配列やアミノ酸配列を照会配列として、注目するデータベースに対して類似性をもつものを網羅的に探し出すコンピュータプログラムのひとつ。比較的に長い配列の類似性を探し出すのに適するが、計算時間がかかることが多かったりする。なお、歴史的には早くから用いられたプログラムであることから、その入力のデータフォーマットは非常によく使われており、「FASTAフォーマット」と呼ばれて、このプログラム以外にもよく使われている。 ゲノム 3.50
688 FISH 【略】 FISH 詳しい説明の関連語 ハイブリダイゼーション 3.67
697 FLP-FRT system FLP-FRTシステム 分子 2.60
655 F' factor Fプライム因子 細菌 3.00
654 F plasmid Fプラスミド 細菌 2.33
2396 F-box protein Fボックスタンパク質 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 5.00
652 F factor F因子 細菌 3.25
2395 F test F検定 基礎 3.00
653 F pilus 【pl.】 F pili F線毛 細菌 2.25
651 F duction F導入 細菌 2.00
726 G0 phase G0 期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.44
728 G1 phase G1 期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.44
727 G1 arrest G1 期停止 基礎 詳しい説明の関連語 細胞分裂の機構 3.00
729 G2 phase G2 期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.44
2646 GAL4 GAL4 分子 5.00
745 GC content GC含量 ゲノム中のある一定範囲内におけるグアニン/シトシン塩基の含有率。 分子 3.60
731 GFP 【略】 GFP 3.29
2657 GPCR 【略】 GPCR 分子 3.00
862 GT-AG rule GT-AG規則 分子 3.29
2414 GUS gene GUS遺伝子 分子 5.00
747 GenBank GenBank ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.67
724 Gy 【略】 Gy 基礎 1.67
723 G 【略】 G【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
2402 G protein Gタンパク質 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 3.00
2595 G-protein coupling recepter Gタンパク質共役型受容体 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 0.00
730 G-band Gバンド 染色体標本をギムザ染色した際に濃染される染色体領域。 細胞 染色体地図 3.44
732 G-staining method G染色法 染色体分染法のひとつ。染色体標本を前処理してギムザ液で染色する方法。検出されるバンドをGバンドという。Gはギムザ液の頭文字。Gバンドの濃淡パターンは,Qバンドの蛍光強弱によるバンドパターンと基本的には一致する。 細胞 3.00
871 HLA 【略】 HLA MHC 2.60
936 HLA gene HLA遺伝子 人類 2.75
935 HLA antigen HLA抗原 人類 3.25
2422 HMG 【略】 HMG 3.00
870 Hfr 【略】 Hfr 2.33
929 Hfr strain Hfr[菌]株 細菌 2.57
1002 IQ 【略】 IQ 2.50
2292 IS 【略】 IS 分子 1.00
1119 K selection K選択 進化 3.00
2437 LINE 【略】 LINE 分子 5.00
1165 LINE 【略】 LINE[因子] ゲノム 3.75
2819 long interspersed nuclear element LINE[因子] 0.00
2536 LOH 【略】 LOH 1.00
1136 LTR LTR 2.67
2439 LTR 【略】 LTR 分子 1.00
2440 LUC gene LUC遺伝子 分子 5.00
2668 LacZ 【略】 LacZ 分子 5.00
1135 Lod 【略】 Lod 3.00
1219 MADS box MADSボッルス 2.67
2445 MAP kinase MAPリン酸化酵素 分子 5.00
1204 MHC 【略】 MHC HLA 3.00
2454 MITE 【略】 MITE 分子 5.00
1324 MN blood group MN血液型 人類 2.20
1208 MTOC 【略】 MTOC 2.00
1209 MZ 【略】 MZ 1.00
1210 M phase M期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 4.25
2322 anaphase promoting complex M期後期進行複合体 分子 詳しい説明の関連語 細胞分裂の機構 3.00
2297 NIL 【略】 NIL 1.00
1385 NOR 【略】 NOR 2.60
1387 N-band Nバンド 細胞 2.60
1388 N--terminus 【pl.】 N-termini N末端 分子 3.25
1447 ORF 【略】 ORF 1頁使い詳しく説明(主要語) コード/非コード 3.29
2464 Orc 【略】 Orc 基礎 1.00
1600 P1-derived artificial chromosome P1ファージ人工染色体 分子 2.67
2530 PCC 【略】 PCC 1.00
2299 PDB PDB 基礎 3.00
2493 PTGS 【略】 PTGS 基礎 3.00
1529 P element P因子 3.67
1492 P blood group P血液型 人類 1.50
1665 P site P部位 分子 3.00
2807 Q-staining method Q-staining method 0.00
1679 QTL 【略】 QTL 3.57
1680 Q-band Qバンド 細胞 2.67
1681 Q blood group Q血液型 人類 1.67
2494 Q-staining method Q染色(分染)法 染色体分染法のひとつ。染色体標本を蛍光色素キナクリンマスタード(quinacrine mustard)で染色し,蛍光顕微鏡で観察すると染色体の縦軸方向に蛍光の強弱に伴うバンド模様が観察される。このバンドをQバンドという。Qは色素の頭文字。 基礎 5.00
1690 RAPD 【略】 RAPD 2.71
1692 RFLP 【略】 RFLP 3.57
2507 RIL 【略】 RIL 1.00
1817 RISC 【略】 RISC 分子 2.86
1693 RNA 【略】 RNA 3.86
1694 RNAi 【略】 RNAi RNA干渉のこと。 4.00
1827 RNA virus RNAウイルス 3.00
2510 RNA splicing RNAスプライシング mRNA前駆体から成熟型mRNAになるために、不要なイントロンの配列を除去して、残ったエキソン同士を再結合させる過程のこと。 基礎 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 5.00
1826 RNA splicing RNAスプライシング mRNA前駆体から成熟型mRNAになるために、不要なイントロンの配列を除去して、残ったエキソン同士を再結合させる過程のこと。 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 4.00
1823 RNA phage RNAファージ 細菌 2.71
1825 RNA processing RNAプロセッシング mRNA前駆体から、イントロンが除去されて成熟型mRNAがつくられる一連の過程のこと。 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.50
1824 RNA polymerase RNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.75
1819 RNA-dependent DNA polymerase RNA依存性DNAポリメラーゼ 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 3.00
1820 RNA-dependent RNA polymerase RNA依存性RNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.00
1822 RNA interference RNA干渉 siRNAと呼ばれる21-23 ntの短い二本鎖RNAといくつかの蛋白質から成るRNA蛋白質複合体の作用によって、siRNAと相補的な配列を持つmRNAが分解される減少のこと。遺伝子機能を破壊するための遺伝子工学の技術としても用いられる。 分子 3.89
2557 RNA binding protein RNA結合タンパク質 分子 3.00
1828 RNase RNA分解酵素 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 2.71
2509 RNA editing RNA編集 RNAの配列を変化させ、ゲノム配列にコードされたものと違う成熟RNAを作り出すこと。tRNA, rRNA, mRNAのようなクラスの違うDNAが様々な程度に編集される。 基礎 5.00
1821 RNA editing RNA編集 RNAの配列を変化させ、ゲノム配列にコードされたものと違う成熟RNAを作り出すこと。tRNA, rRNA, mRNAのようなクラスの違うDNAが様々な程度に編集される。 分子 3.50
2511 RNA-induced silencing complex RNA誘導遺伝子抑制複合体 基礎 3.00
1804 Rh blood group Rh血液型 人類 2.20
1696 R-band Rバンド 細胞 3.00
1698 R plasmid Rプラスミド 細菌 2.60
1818 R loop Rループ 分子 3.00
1697 R factor R因子 細菌 2.50
2691 R-staining method R染色(分染)法 染色体分染法のひとつ。QバンドあるいはGバンドのパターンにおける濃淡がちょうど逆転したバンドパターンが検出される方法。Rはreversed (‘逆転した’の意)の頭文字。Rバンドパターンは染色体上のDNA後期複製パターンとほぼ一致する。 基礎 5.00
1842 SAGE SAGE法 分子 2.71
1835 SCE 【略】 SCE 1頁使い詳しく説明(主要語) 減数分裂 1.62
1836 SD 【略】 SD 0.80
1967 SINE 【略】 SINE[因子] ゲノム 3.44
2818 short interspersed nuclear element SINE[因子] 0.00
1838 SNP 【略】 SNP 3.25
2648 SOS 【略】 SOS 0.00
1997 SOS response SOS応答 分子 3.00
1996 SOS repair SOS修復 分子 3.29
2036 SR factor SR因子 基礎 2.00
2037 SSCP 【略】 SSCP ゲノム 2.60
2769 SSLP 【略】 SSLP 0.00
2720 SSLP marker SSLP マーカー 分子 3.00
1840 STR 【略】 STR 1.50
2723 STRP 【略】 STRP 集団 3.00
1841 S allele Sアレル 植物 2.00
1843 S gene S遺伝子 植物 3.00
2692 S phase S期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 5.00
2115 T-DNA 【略】 T-DNA 植物 3.00
2116 T-DNA tagging T-DNAタッギング 植物 2.67
2730 TAIL PCR TAIL PCR 分子 5.00
2111 TATA box TATAボックス 分子 2.56
2112 TATA box-binding protein TATAボックス結合タンパク質 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 2.25
2741 TGS 【略】 TGS 1.00
2105 TII 【略】 TII期 詳しい説明の関連語 減数分裂 1.86
2104 TI 【略】 TI期 詳しい説明の関連語 減数分裂 1.86
2191 TUNEL TUNEL法 3.00
2731 Tam3 Tam3 分子 3.00
2143 Ti plasmid Tiプラスミド 植物 3.00
2102 Tn 【略】 Tn 2.00
2101 T 【略】 T【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.25
2865 T-band Tバンド 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 0.00
2764 UAS 【略】 UAS 1.00
2212 UPGMA 【略】 UPGMA 集団 3.33
2201 UV 【略】 UV 2.00
2200 U 【略】 U【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.25
2218 VNTR 【略】 VNTR 2.33
2219 V-type positiom effect V型位置効果 基礎 2.00
2783 WAXY gene WAXY 遺伝子 分子 5.00
2241 W-chromosome W染色体 性染色体が雌で異型の場合、雌にのみ認められる性染色体をW染色体といい,雌雄双方に認められる性染色体をZ染色体という。性決定機構は,雄がZZ,雌がZWまたはZ0)。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体 3.44
2786 X-gal X-gal 分子 3.00
2787 X-gluc X-gluc 分子 3.00
2262 XO type XO型 基礎 3.00
2260 Xist RNA Xist RNA X染色体不活性化の誘導に関わる遺伝子産物で、不活性X染色体から転写されタンパク質に翻訳されずにRNAとして機能する。不活性X染色体上に局在することが知られている。 細胞 3.22
2257 X-chromatin X染色質 哺乳類のメスの体細胞核内に見られる凝集した不活性X染色体。 基礎 3.11
2258 X-chromosome X染色体 性染色体が雌で同型の場合、この性染色体をX染色体といい,雄にのみ認められる性染色体をY染色体という。性決定機構は,雌がXX,雄がXYまたはX0)。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体 4.00
2259 X-chromosome inactivation X染色体不活性化 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノムインプリンティング 3.44
2263 X-rays X腺 基礎 3.00
2261 X linkage X連鎖 基礎 詳しい説明の関連語 連鎖 3.00
2788 X-linked X連鎖 基礎 3.00
2265 YAC 【略】 YAC 2.33
2863 YAC YAC 0.00
2266 Y-chromatin Y染色質 基礎 2.89
2267 Y-chromosome Y染色体 性染色体が雄で異型の場合、雄にのみ認められる性染色体をY染色体といい,雌雄双方に認められる性染色体をX染色体という。性決定機構は,雌がXX,雄がXYまたはX0)。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体 3.80
2271 Y linkage Y連鎖 基礎 詳しい説明の関連語 連鎖 2.60
2273 Z-form DNA Z型DNA 分子 3.00
2272 Z-chromosome Z染色体 性染色体が雄で同型の場合、この性染色体をZ染色体といい,雌にのみ認められる性染色体をW染色体という。性決定機構は,雄がZZ,雌がZWまたはZ0)。 基礎 3.67
2167 transition [塩基]転位 進化 3.25
2182 transversion [塩基]転換 分子 3.00
1527 pedigree [家]系図 血縁や結婚、交雑の関係を表した図 基礎 3.89
1011 in situ 【形】 [生体内]原位置 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) in situ/vivoなど 3.00
1595 polyploidization [多]倍数化 基礎 3.00
1596 polyploidy [多]倍数性 一倍性染色体セットが3つ以上存在する状態。そのような細胞或は個体を倍数体という(三倍体,四倍体など)。染色体の数の異常のひとつ。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 配偶子 2.60
1594 polyploid [多]倍数体 一倍性染色体セットが3つ以上存在する細胞あるいは個体。三倍体や四倍体など。複数の染色体セットが異種に由来する場合を異質倍数体、同種由来の場合を同質倍数体という。  基礎 3.40
1379 mutation [突然]変異 ヌクレオチド配列の変化、ゲノムの持つ遺伝情報の変化。 主要語、最重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 4.56
1378 mutant gene [突然]変異遺伝子 基礎 2.22
1382 mutational load [突然]変異荷重 進化 3.00
1374 mutagen [突然]変異原 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 3.89
1376 mutagenic 【形】 [突然]変異原性 基礎 詳しい説明の関連語 変異 1.38
1373 mutability [突然]変異性 基礎 2.29
1381 mutational hot spot [突然]変異多発点 基礎 3.00
1377 mutant [突然]変異体 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 4.33
1375 mutagenesis [突然]変異誘発 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 3.44
1383 mutator [gene] [突然]変異誘発遺伝子 基礎 3.00
1380 mutation rate [突然]変異率 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 3.67
2743 totipotency [分化]全能性 基礎 5.00
144 bp 【略】 bp【単位】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.25
221 cDNA 【略】 cDNA メッセンジャーRNAから逆転写酵素によって合成される相補的なDNA。成熟RNAからのcDNAは、イントロンを含まないため、遺伝子産物の様々な解析に用いられる。 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.67
222 cM 【略】 cM【単位】 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 3.00
402 cos site cos部位 分子 2.75
224 cpDNA 【略】 cpDNA 1.43
2556 eQTL 【略】 eQTL ゲノム expression Quantitative Trait Locus 3.00
869 h2 h2 1頁使い詳しく説明(主要語) 浸透度 2.20
1001 iPSC 【略】 iPSC 3.67
2430 induced pluripotent stem cell iPS細胞 3.00
1012 in situ hybridization in situ ハイブリダイゼーション 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 4.11
1118 kb 【略】 kb【単位】 2.33
1205 mRNA 【略】 mRNA 3.67
1206 miRNA 【略】 miRNA 3.33
1207 mtDNA 【略】 mtDNA 3.67
1386 n n 【単相数】 基礎 3.57
1712 rDNA amplification rDNA増幅 分子 3.00
1695 rRNA rRNA 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 3.75
1831 r selection r選択 進化 3.00
1699 r selection r選択 進化 3.00
1834 sRNA 【略】 sRNA 0.50
2710 siRNA siRNA 基礎 1.00
1837 siRNA 【略】 siRNA 3.00
2712 snRNA snRNA 基礎 1.00
1839 snRNA 【略】 snRNA 2.71
2103 tRNA 【略】 tRNA 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 3.50
2734 ta-siRNA 【略】 ta-siRNA 分子 5.00
2106 t-allele t−アレル 野生のマウス集団の中に存在する様々な変異が蓄積した17番染色体上の領域。染色体上の一部で逆位が生じたため、組み換えが起こらず変異が蓄積したと考えられる。 動物 詳しい説明の関連語 染色体異常 2.50
2256 x x [倍数体の基本染色体数] 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 2.25
516 diversity (1)分岐 (2)多様性 主要語、最重要 基礎 variation 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.78
920 heterosis (1)雑種強勢 (2)ヘテロシス 交配により得られた子どもの形質がその親系統の表現型よりも優れていること 3.89
2014 spermiogenesis (1)精子完成 (2)精子変態 基礎 1.50
39 albinism (1)白化現象 (2)白化 基礎 2.33
214 5-bromodeoxyuridiene 5-ブロモデオキシウリジン 2.11
691 five prime end 5’末端 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.57
15 A-chromosome A染色体 基礎 2.00
681 first cousin いとこ 人類 1.60
682 first cousin once removed いとこ半 人類 1.60
234 cancer がん 基礎 2.89
1455 oncogene がん遺伝子 基礎 遺伝子 3.44
2606 antioncogene がん抑制遺伝子 人類 詳しい説明の関連語 遺伝子 3.00
2762 tumor suppressor gene がん抑制遺伝子 基礎 4.00
872 habitat isolation すみ場所隔離 進化 3.00
1844 salivary gland chromosome だ(唾)腺染色体 双翅目昆虫の唾液腺細胞中にみられる多糸染色体。固有の縞模様がみられることから、研究上有用である。 基礎 3.50
671 fertility restoration ねん(稔)性回復 植物 2.67
2196 twisted circular DNA ねん環状DNA 分子 2.00
2774 variegation ふ入り 植物 5.00
2225 variegation ふ入り 基礎 2.71
2224 variegated possition effect ふ入り型位置効果 基礎 2.43
695 fluctuation test ほうこう(彷徨)試験 細菌 3.00
1855 second cousin またいとこ 人類 1.80
96 anther culture やく(葯)培養 花粉形成初期の葯を培地に置床し、半数性植物体を誘導する方法。誘導した半数体は、倍加処理する倍加半数体育種に利用される。-- Main.KenichiNonomura - 2011-12-27 植物 2.00
2782 wobble ゆらぎ 基礎 1.00
2252 wobble base pair ゆらぎ塩基対 分子 3.00
2253 wobble hypothesis ゆらぎ仮説 分子 3.67
857 good genes hypothesis よい遺伝子仮説 進化 2.33
893 helix 【pl.】 helices らせん 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 1.57
567 dwarf わい(矮)形 基礎 2.43
568 dwarfism わい(矮)性 基礎 1.86
1106 isochore アイソコア ゲノム 3.00
1116 isozyme アイソザイム 分子 3.25
1107 isoenzyme アイソザイム(イソ酵素) 分子 2.67
13 Achilles' heel cleavage アキレスの踵切断 分子 3.00
5 acceptor splice site アクセプタースプライス部位 分子 2.14
18 activator アクチベーター 分子 3.57
38 agouti アグーチ 毛の1本が、黒:黄色:黒の縞模様となる毛色(マウスの場合) 動物 3.00
2601 Agrobacterium tumefacience アグロバクテリウム 分子 5.00
2312 acetylation アセチル化 分子 5.00
2329 association mapping アソシエーションマッピング 1.00
2317 adenylyl cyclase アデニル酸シクラーゼ 分子 3.00
30 adenine アデニン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.40
31 adenosine アデノシン 分子 3.00
93 annealing アニーリング 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 3.89
111 aptamer アプタマー 分子 3.40
108 apoptosis アポトーシス 多細胞生物における、積極的かつ制御された方法でもたらされる細胞の死。形態形成や恒常性の維持などの過程において、不必要な細胞を除くのに重要な役割を果たす。 分子 3.75
75 aminoacyl-tRNA アミノアシルtRNA 分子 3.25
72 amino acid アミノ酸 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 3.60
73 amino acid sequence アミノ酸配列 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 3.00
74 amino terminus 【pl.】 amino termini アミノ末端 分子 3.00
77 amorph アモルフ 基礎 3.29
41 alkaptonuria アルカプトン尿症 人類 2.71
2602 alkylating agent アルキル化剤 1.00
42 allele アレル 特定の座位における、ゲノムセグメント(特定の塩基や遺伝子を含む)の種内異型 主要語、最重要 基礎 locus 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 4.60
49 allelomorph アレルモルフ 基礎 詳しい説明の関連語 アレル 2.67
1064 interallelic interaction アレル間相互作用 基礎 2.67
1063 interallelic complementation アレル間相補性 基礎 詳しい説明の関連語 相補 3.67
2815 allelotype アレル型 主要語、重要 allele 0.00
47 allelism アレル性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 3.00
44 allelic character アレル性形質 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 3.75
48 allelism test アレル性検定 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 3.75
45 allelic complementation アレル相補性 基礎 詳しい説明の関連語 相補 2.67
46 allelic exclusion アレル排除 基礎 3.00
43 allele frequency アレル頻度 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子プール 4.00
50 Allen's rule アレンの法則 進化 2.33
62 allozyme アロザイム 2.71
2279 allosteric protein アロステリックタンパク質 分子 5.00
2603 allotype アロタイプ 基礎 3.00
61 allozygote アロ接合体 基礎 2.50
98 anticodon アンチコドン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 4.40
101 anitisense 【形】 アンチセンス 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.20
102 antisense DNA strand アンチセンスDNA鎖 分子 2.25
103 antisense RNA アンチセンスRNA RNAは、DNAを鋳型として5’ -> 3’方向へ合成されるため鋳型とならないDNAと同じ方向であり、それをセンスRNAと呼ぶ。アンチセンスRNAはセンスRNAと逆方向のRNAを指す 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.50
100 antimorph アンチモルフ 基礎 3.00
95 antennapedia complex アンテナペディア遺伝子群 基礎 2.29
69 amber mutation アンバー[突然]変異 分子 詳しい説明の関連語 変異 3.00
2321 amphiplasty アンフィプラスティー 細胞 3.00
1109 isoform イソ型 分子 2.86
1102 isoacceptor tRNA イソ受容tRNA 分子 2.60
2558 inositole triphosphate イノシトール三リン酸 基礎 3.00
2427 immunoglobulin イムノグロブリン 分子 5.00
2520 immunobolt analysis イムノブロット解析・免疫ブロット解析 分子 5.00
1013 in silico 【形】 インシリコ ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) in situ/vivoなど 3.75
1062 interactome インタラクトーム ゲノム 3.67
1060 intein インテイン 分子 3.67
2584 integron インテグロン 分子 3.00
1094 intron イントロン 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子の構造 4.50
2428 in planta 【形】 インプランタ,植物体内での 基礎 詳しい説明の関連語 in situ/vivoなど 1.00
2784 Wnt signal ウィントシグナル 動物 3.00
2237 virus ウイルス 他の生物の細胞(宿主)を利用して、自己を複製する微小な構造体。タンパク質の殻とその内部の核酸からなる。細胞を持たないため分類上は非生物とされるが、遺伝子をもち自己複製するところは生物的である。 3.75
2238 virus genome ウイルスのゲノム 2.12
2232 viral vector ウイルスベクター 分子 3.00
2233 virion ウイルス粒子 2.14
2234 viroid ウイロイド 3.00
2245 Western blotting ウエスタンブロット法 分子 2.78
2214 uracil ウラシル 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.40
71 Ames test エイムス試験 微生物 3.25
636 exonuclease エクソヌクレアーゼ 分子 2.75
633 exon エクソン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子の構造 4.56
634 exon-shuffling エクソンシャッフリング 進化 詳しい説明の関連語 遺伝子の構造 2.71
635 exon trap エクソントラップ 分子 詳しい説明の関連語 遺伝子の構造 3.00
615 ethyl methanesulfonate エチルメタンスルホネート 2.62
2394 epigenome エピゲノム ゲノム 5.00
603 epigenesis エピジェネシス 基礎 4.20
2639 epigenetic mutation エピジェネティック[突然]変異 分子 5.00
2393 epigenetic allele エピジェネティックアレル 分子 5.00
604 epigenetics エピジェネティックス ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノムインプリンティング 4.50
607 epistatic variance エピスタシス分散 応用 2.60
605 episome エピソーム 3.00
622 evo-devo エボデボ 基礎 3.43
590 endogenote エンドゲノート 3.00
2391 endocytosis エンドサイトーシス 1.00
595 enhancer エンハンサー 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子の構造 4.43
596 enhancer trap エンハンサートラップ 分子 詳しい説明の関連語 遺伝子の構造 3.29
597 envelop エンベロープ【ウイルスの】 2.33
1448 ochre mutant オーカー[突然]変異体 分子 2.43
2334 autophagosome オートファゴソーム 1.00
2335 autophagy オートファジー 1.00
2336 autoradiography オートラジオグラフィー 分子 5.00
2607 autoregulator オートレギュレーター 1.00
139 autozygote オート接合体 基礎 3.40
1474 orphan gene オーファン遺伝子 分子 3.00
1465 open reading frame オープンリーディングフレーム 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コード/非コード 3.67
1463 opal mutant オパール[突然]変異体 分子 2.43
2463 opsin オプシン 分子 3.00
1467 operator オペレーター 構造遺伝子の上流で転写を制御する領域。転写因子が結合する場所である。主に原核生物の場合に用いる。 分子 4.00
1468 operon オペロン 1つの転写ユニット内に複数の遺伝子を含むもの。原核生物に特徴的で、関連した遺伝子を含む場合が多い。 細菌 4.25
2680 omics オミックス ゲノム 1.00
2462 OMIM 【略】 オミム 人類 2.00
1452 oligogene オリゴジーン 2.60
1454 oligonucleotide ligation assay オリゴヌクレオチドライゲーション法 分子 1.67
1453 oligomer オリゴマー 分子 3.00
1471 organellar DNA オルガネラDNA 分子 2.75
1477 orthologous genes オルソロガス遺伝子 進化 2.75
1476 ortholog オルソログ(直系遺伝子) 種分化とともに進化的に分岐してきた相同な遺伝子のこと。ゲノム上に1つしかない遺伝子で、遺伝子重複を起こしていない遺伝子は必然的にオルソログになる。遺伝子重複によって出現後、その一方が消失したような場合は、ゲノム上では一見ひとつだけの遺伝子にみえるが、種分化とともに分岐してきたものではないのでオルソログにはならないが、その実際的な区別は難しい。 進化 4.00
2567 Chi square test カイ二乗検定 3.00
2355 chi-square test カイ二乗検定 基礎 5.00
272 chi-sites カイ部位 分子 3.00
242 cassete mechanism カセット機構 分子 2.25
243 catabolite activator protein カタボライト活性化タンパク質 微生物 1.71
244 catabolite repression カタボライト抑制 微生物 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 2.71
1120 kappa particle カッパ粒子 2.50
2616 callus カルス 植物 5.00
226 Cartagena protocol カルタヘナ議定書 生物の多様性に関する条約のうち、現代のバイオテクノロジーにより改変された生物が生物の多様性の保全及び持続可能な利用に及ぼす可能性のある悪影響を防止するための措置を規定する議定書。2004年2月19日、日本において発効。 3.75
238 carboxyl terminus 【pl.】 carboxyl termini カルボキシル末端 分子 3.25
864 guide RNA ガイドRNA 分子 2.71
744 gamont ガモント 微生物 2.75
743 gamma field ガンマ線照射圃場 応用 2.33
269 chiasma 【pl.】 chiasmata キアズマ 減数分裂第1分裂前期の接合期に,対合した相同染色体の非姉妹染色分体同士が交差してX字型になった箇所。キアズマの部分で相同染色体間の遺伝的組換えが起こるとされている。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 減数分裂 4.20
270 chiasma-type theory キアズマ型説 基礎 減数分裂 2.33
2354 chiasma frequency キアズマ頻度 細胞 減数分裂 3.00
12 achiasmata キアズマ不成 基礎 減数分裂 2.43
1127 kinetoplast キネトプラスト 3.40
271 chimera キメラ 2つ以上の接合子(互いに遺伝的性状が異なる)に由来する細胞群から構成される個体。 基礎 4.11
237 cap キャップ【RNAの】 分子 2.29
1124 kilobase キロベース【単位】 DNAの長さの単位であり、10^3 base pairのこと。 分子 3.50
854 Giemsa staining method ギムザ染色法 ギムザ液(アズール,エオシン,メチレン青の混合液)で染める方法.細菌学者 G. Giemsa が考案。細胞核,染色体や病原体の染色に多用される。 細胞 3.50
2304 quorum sensing クォーラムセンシング 細菌 3.00
2539 quadriplex クオドリプレックス 3.00
1131 Klinefelter's syndrome クラインフェルター症候群 人類 3.00
424 crown gall クラウンゴール 植物 2.33
312 clade クレード 進化的な系統関係において、注目する階層性において、ひとかたまりとなるOTUs (Operational Taxsonomic Unit)sの一群。系統樹が構築されている場合には、ある枝分岐点から末端に向かうすべてのOTUのかたまりのこと。 進化 3.50
1130 Klenow fragment クレノウ断片 分子 3.25
323 cloning vector クローニングベクター 分子 3.25
324 cloverleaf structure クローバー葉構造 分子 2.43
321 clone クローン 生物個体の一部から無性生殖により誕生した遺伝的に同一の個体。もともとは植物における挿木の意味であったが、動物においては受精卵クローンや体細胞クローンがつくられている。 4.33
319 clonal analysis クローン解析 2.20
320 clonal selection クローン選択 3.00
2357 chromatin fiber クロマチン繊維 1.00
279 chromatin immunoprecipitation クロマチン免疫沈降法 クロマチンに転写因子など目的のタンパクが結合している細胞を材料とした免疫沈降実験。転写因子などのゲノムDNA上の結合部位を同定することを目的として行う。 分子 3.75
863 guanine quartet グアニン四重鎖 分子 2.00
861 group II intron グループIIイントロン 分子 詳しい説明の関連語 遺伝子の構造 3.00
2413 gulucronidase グルクロニダーゼ 分子 5.00
2596 gray グレイ 基礎 0.00
231 Cairns model ケーンズモデル 微生物 2.33
833 genome ゲノム 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノム 4.60
838 genomic DNA ゲノムDNA ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノム 3.80
835 genome annotation ゲノムの注釈付け ゲノム 2.25
2412 genome size ゲノムサイズ 基礎 詳しい説明の関連語 ゲノム 3.00
839 genomic library ゲノムライブラリー 生物種のゲノム(領域)を取り扱い可能な長さのDNA断片として、遺伝子組み換えベクターに組み込んだ複数のクローンからなるライブラリー。個別のクローンは、塩基配列解読に利用されるほか、塩基配列情報や包含する遺伝子情報は、各種の分子生物学実験や遺伝子改変生物作製などに応用できる。 ゲノム 3.89
2552 nutrigenomics ゲノム栄養学 人類 詳しい説明の関連語 ゲノム科学 1.00
841 genomics ゲノム科学 ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノム科学 3.70
840 genomic in situ hybridization ゲノム原位置ハイブリッド形成法 全ゲノムDNAをプローブとして用いて行うin situ hybridization。 細胞 詳しい説明の関連語 ハイブリダイゼーション 3.50
836 genome imprinting ゲノム刷り込み(ゲノムインプリンティング) ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノムインプリンティング 4.60
2411 genome complexity ゲノム複雑度 1.00
834 genome analysis ゲノム分析 細胞に存在する染色体の倍数性を調べる分析。相同染色体を同定することにより、ゲノムが基本数の何倍の染色体を持つかを明らかにする。 ゲノム 3.11
2470 pharmacogenomics ゲノム薬理学(ファーマコゲノミクス) 人類 詳しい説明の関連語 ゲノム科学 3.00
394 Cope's law コープの法則 進化 3.00
398 core DNA コアDNA 分子 2.20
347 coisogenic コアイソジェニック 基礎 2.86
2588 core collection コアコレクション 基礎 3.00
329 coalescence コアレセンス 進化 3.00
1134 Kozak sequence コザック配列 分子 3.33
401 cosmid コスミド 遺伝子組み換えベクターの一種。ラムダファージが大腸菌に感染する際に必要なCos配列を持ち、50kb程度の塩基配列をクローニングすることができる。 分子 3.22
407 Cot analysis コット解析 分子 3.25
335 codon コドン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 4.60
336 codon bias コドンバイアス 分子 3.00
2361 codon usage コドン使用 ゲノム 5.00
337 codon usage コドン使用頻度 アミノ酸をコードするコドンには縮重のため冗長性がある。どのコドンがとぐのくらいの頻度用いられるかはランダムであってもよいような気がするが、実際にはコドンの使用頻度には生物種によって明確に偏りがある。このことは組み換え実験等で他の生物の遺伝子を発現させる場合、大きな意味を持ってくる。 分子 3.22
2621 cohesin コヒーシン 分子 4.00
2513 copy number コピー数 3.00
397 copy number variation コピー数の多様性 ゲノム 2.57
395 copia コピア 3.29
351 colicin コリシン 細菌 2.38
348 Col factor コリシン因子 細菌 2.12
349 Colcemid コルセミド 基礎 1.88
350 colchicine コルヒチン 基礎 2.78
353 colony コロニー 細菌 2.75
354 colony hybridization コロニーハイブリッド法 細菌 詳しい説明の関連語 ハイブリダイゼーション 2.75
371 concatemer コンカテマー 分子 2.50
383 consomic strain コンソミック系統 表現型における特定の染色体の効果を見るために、ある系統の一対の染色体が別の系統の染色体と置換された系統。 Inbred strain 詳しい説明の関連語 種、系統、株 3.40
389 contig コンティグ ゲノム構造の解析や長鎖の塩基配列解読などの際に、ゲノムライブラリーの個々のベクターの一部あるいは全部の塩基配列情報の相同性を利用して、複数のベクターを重ねあわせて特定のゲノム部位、あるいは塩基配列を再構築して表示したもの。 ゲノム 3.67
2568 condensin コンデンシン 分子 5.00
2356 chondrion コンドリオン 1.00
2369 cyclic AMP サイクリックAMP 基礎 3.00
2628 cyclic AMP サイクリックAMP 分子 5.00
2406 cyclic AMP responsive element サイクリックAMP応答配列 分子 0.00
414 CREB サイクリックAMP応答配列結合タンパク質 分子 1.71
2370 cycline サイクリン 分子 5.00
2629 cycline-dependent kinase サイクリン依存性リン酸化酵素 分子 3.00
439 cytotype サイトタイプ 2.50
1966 silent substitution サイレント置換 集団 2.60
1998 Southern blotting サザンブロット法 Edwin Southernにより考案された、特定のDNA塩基配列を検出するための実験手法。ゲノムDNAを制限酵素で切断後、アガロースゲルで電気泳動を行う。さらに、アルカリ液による変性処理によりDNAを一本鎖にした後ニトロセルロース膜に転写する。ニトロセルロース膜上で、確認したい塩基配列に対して相補的なDNA一本鎖にリンの放射性同位体、ジゴキシゲニン (digoxigenin, DIG)、アルカリフォスファターゼ(alkaline phosphatase, ALP)などで標識したプローブを付着させる。最終的には、膜上のプローブの有無をオートラジオグラフィーや染色などで確認する。 分子 3.75
1848 satellite DNA サテライトDNA ゲノム 3.00
2061 subcloning サブクローニング 分子 2.75
2078 suppressor tRNA サプレッサーtRNA 分子 3.00
2693 salvage synthesis サルベージ合成 応用 1.00
1846 Sanger's method サンガー法 分子 3.00
1962 sievert シーベルト 基礎 1.80
1964 signal peptide シグナルペプチド 分子 3.00
2706 signal transduction シグナル伝達 分子 5.00
1963 sigma factor シグマ因子 細菌 3.00
310 cis, trans position effect シス-トランス位置効果 基礎 3.00
2283 cis-eQTL シスeQTL ゲノム expression Quantitative Trait Locus 詳しい説明の関連語 3.00
2728 system biology システム生物学 基礎 5.00
311 cistron シストロン 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝子の構造 3.29
1086 intracistronic complementation シストロン内相補性 詳しい説明の関連語 相補 2.33
308 cis-dominance シス顕性 分子 3.00
305 cis-acting locus シス作用性遺伝子座[位] 分子 詳しい説明の関連語 3.86
309 cis-regulatory element シス制御因子 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子の構造 3.50
306 cis-arrangement シス配置 分子 1.17
307 cis-configuration シス配置 基礎 2.67
2701 shmoo シムー 菌類(酵母) 1.00
1949 Shine-Dalgano sequence シャイン・ダルガノ配列 分子 3.00
1953 shuttle vector シャトルベクター 分子 3.00
2702 shoot シュート(茎葉) 植物 5.00
1952 shotgun cloning ショットガンクローニング 分子 3.00
2098 synteny シンテニー 染色体やゲノムにおいて、複数の遺伝子やマーカーの並びの順番が、異なる種間で一致している現象や状態のことをいう。 ゲノム 3.75
2709 simplex シンプレックス 一般 3.00
485 dideoxy chain termination method ジデオキシチェーンターミネーション法 分子 2.75
1117 junk DNA ジャンクDNA ゲノム 詳しい説明の関連語 ゲノム 3.00
2274 zinc finger ジンクフィンガー タンパク質ドメインのひとつであり、DNAと結合する性質を持つ。とても小さなドメインであることが特徴であり、安定化に必要な疎水中心を持たない。亜鉛(ジンク)イオンが重要な役割を担っている。 分子 3.22
2081 switch gene スイッチ遺伝子 2.00
2045 stem-loop structure ステムループ構造 分子 3.25
2024 splicing スプライシング 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 4.11
2021 splice donor site スプライス供与部位 分子 3.29
2020 splice acceptor site スプライス受容部位 分子 3.29
2022 splice junction スプライス部位 分子 3.29
2023 spliceosome スプライセオソーム スプライシング反応を行うRNA-タンパク質複合体のこと。非翻訳RNAであるsnRNA (small nuclear RNA) 5種類と50種類以上のタンパク質から成っている。 分子 3.50
2717 spliceosome スプライセオソーム スプライシング反応を行うRNA-タンパク質複合体のこと。非翻訳RNAであるsnRNA (small nuclear RNA) 5種類と50種類以上のタンパク質から成っている。 分子 5.00
1999 spacer DNA スペーサーDNA 分子 3.29
2034 spot test スポット試験 基礎 2.25
2275 zoo blot ズーブロット法 分子 2.67
2699 selenocysteine セレノシステイン 基礎 1.00
1915 sense codon センスコドン 分子 詳しい説明の関連語 コドン 3.00
1916 sense strand センス鎖 分子 3.00
254 centimorgan センチモルガン【単位】 染色体の遺伝[的]距離の単位。100個体の子孫のうち1個体に組み替えが起こる距離。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 4.00
255 central dogma セントラルドグマ 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 4.40
259 centromere セントロメア 細胞分裂時に細胞の両極から伸張した紡錘糸が連結する染色体上の特定領域。細胞分裂期の染色体では2本の染色分体が結合したくびれとして観察される。 主要語、重要 基礎 kinetochore 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 4.60
260 centromeric DNA セントロメアDNA 染色体分配の際に、紡錘体微小管が結合する染色体の特殊領域を動原体と呼ぶが、動原体が形成されるゲノム領域を構成するDNAのこと。 主要語、重要 基礎 3.89
2798 premature centromere division セントロメア早期分離 細胞分裂中期の染色体において、セントロメアが離れ2本の染色分体がセントロメアのくびれがなく棒状に並んだ状態。高齢女性のX染色体にしばしば見られる。 主要語 細胞 0.00
662 favism ソラマメ中毒症 人類 2.00
2192 Turner's syndrome ターナー症候群 人類 3.00
2729 tag SNP タグスニップ ゲノム 3.00
2733 tapetum cell タペート細胞 植物 5.00
2688 protein folding タンパク質の折りたたみ 分子 3.00
2491 protein phospholiration タンパク質リン酸化 基礎 5.00
2303 protein kinase タンパク質リン酸化酵素 分子 5.00
2592 protease タンパク質分解酵素 分子 3.00
2537 protenase タンパク質分解酵素 分子 3.00
2761 tumbling タンプリング 細菌 1.00
446 darwin ダーウィン【進化速度の単位】 進化 3.00
449 Darwinism ダーウィン説 進化 1頁使い詳しく説明(主要語) 進化のしくみ 3.50
447 Darwinian evolution ダーウィン的進化 進化 3.33
448 Darwinian fitness ダーウィン適応度 集団 3.00
2516 dicer ダイサー 分子 5.00
2594 disomic 【形】 ダイソミー 詳しい説明の関連語 染色体異常 3.00
507 disomy ダイソミー 相同染色体が1対(2本)存在する状態。正常な二倍性細胞では、異型の性染色体以外の染色体はすべてダイソミーである。 主要語、重要 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 3.00
2378 disomics ダイソミー個体 詳しい説明の関連語 染色体異常 3.00
559 Down's syndrome ダウン症候群 人類 3.00
267 check point チェックポイント 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 4.44
2619 ChIP method チップ法 分子 3.00
2141 thymine チミン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.40
2142 thymine dimer チミン二量体 隣接するチミン塩基が共有結合により連結したもの。紫外線によって生じ, 細胞には毒性である。 分子 3.44
2740 tetrasomy テトラソミー 異数性の染色体異常のひとつ。2倍体の体細胞で,ある相同染色体が2本多くなり4本になった状態。 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 3.00
2135 tetratype テトラタイプ 菌類 2.20
2118 telomere テロメア 染色体両腕の末端部をいい、染色体の形態を保持するために必須な領域。適正なDNA複製に必要な特殊な反復配列がある。例えば哺乳類では(TTAGGG)n。 主要語、重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 4.00
2735 telomerase テロメラーゼ 基礎_分子 3.50
465 deme ディーム 集団 3.67
486 differential display ディファレンシャルディスプレー 分子 3.00
534 DNase デオキシリボヌクレアーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.50
469 deoxyribonuclease デオキシリボヌクレアーゼ 核を持つ生物の総称。単細胞、多細胞からなるものがある。 分子 3.89
535 DNase protection デオキシリボヌクレアーゼ保護法 分子 3.00
2374 deoxyribonucleoside デオキシリボヌクレオシド 基礎 3.00
471 deoxyribonucleotide デオキシリボヌクレオチド 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 4.00
470 deoxyribonucleic acid デオキシリボ核酸 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 4.25
467 dendrogram デンドログラム(樹状図) 進化 3.29
2752 transit peptide トランジットペプチド 分子 5.00
2750 trans-eQTL トランスeQTL ゲノム expression Quantitative Trait Locus 3.00
2155 transcriptome トランスクリプトーム ある条件の細胞における全転写産物(mRNA) の総体を指す。ゲノムDNAは基本的には一個体内ですべて同一であるが、トランスクリプトームは組織、細胞株、外部環境因子によって特異的な構成をとる。トランスクリプトームの研究には、マイクロアレイのように一度に多くのmRNAを識別、定量するシステムを用いる。 3.75
2747 transcriptome トランスクリプトーム ゲノム transcriptomics 5.00
2748 transcriptomics トランスクリプトミックス 分子 transcriptome 1.00
2180 trans-splicing トランススプライシング 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.29
2158 transfection トランスフェクション 分子 3.40
2181 transvection トランスベクション 基礎 3.00
2176 transposase トランスポゼース 分子 2.75
2178 transposon トランスポゾン 宿主細胞のゲノム上の位置を転移できる塩基配列。DNAが直接転移するDNA型と、転写・逆転写を介するRNA型がある。 分子 3.60
2179 trasposon tagging トランスポゾン標識法 2.75
2147 trans-acting factor トランス作用性因子 分子 3.00
2148 trans-configuration トランス配置 基礎 3.00
2187 trisomic 【形】 トリソミー 細胞 詳しい説明の関連語 染色体異常 1.75
2188 trisomy トリソミー 異数性の染色体異常のひとつ。2倍体の体細胞では相同染色体は2本1対あり,この状態をダイソミーというが,1本多くなって相同染色体が3本になった状態をトリソミーという。 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 3.44
2184 triplet トリプレット 分子 2.75
2185 triplet code トリプレット暗号(トリプレットコード) 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 3.44
551 dot blotting ドットブロット法 分子 3.25
547 doner splice site ドナースプライス部位 分子 3.00
2284 domain ドメイン 分子 5.00
2381 domain shuffling ドメインシャッフリング 基礎 5.00
537 Dollo's law ドロの法則 進化 3.00
2679 nulliplex ナリプレックス 基礎 3.00
1417 nonsence mutation ナンセンス[突然]変異 突然変異のうち、正常なアミノ酸コドンが終始コドンに置き換わるもの。この点でポリペプチドの伸長が止まり、短いポリペプチド鎖が合成される。 分子 3.11
2550 nonsense mutation ナンセンス[突然]変異 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 3.00
1416 nonsense codon ナンセンスコドン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 3.33
2549 nonsense codon ナンセンスコドン ゲノム 3.00
1418 nonsense suppressor ナンセンス抑圧遺伝子 分子 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 3.86
1406 nick ニック(切れ目) 分子 2.75
1407 nick translation ニックトランスレーション 分子 2.75
2677 nitrosomethyl urea ニトロソメチルウレア 基礎 3.00
1429 nuclease ヌクレアーゼ 分子 3.29
1431 nuclein ヌクレイン 分子 2.50
1437 nucleoside ヌクレオシド 塩基と糖が結合した化合物。ヌクレオシドにリン酸基が結合した物質をヌクレオチドと呼び核酸の基本構成分子となる。塩基としては、 アデニン、グアニン、チミン、シトシン、ウラシルなど。糖としてはデオキシリボース(DNA)やリボース(RNA)。 分子 3.22
1438 nucleosome ヌクレオソーム 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 3.67
1439 nucleotide ヌクレオチド 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.89
2461 nucleotide excision repair ヌクレオチド除去修復 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 1.00
1440 nucleotide composition ヌクレオチド組成 2.43
1441 nucleotide sequence ヌクレオチド配列 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
1444 nullisomy ヌリソミー 異数性の染色体異常のひとつ。2倍体の体細胞で相同染色体の2本ともがなくなった状態。 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 2.60
1445 null mutation ヌル[突然]変異 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 3.33
1443 nullisomic 【形】 ヌルソミーの 細胞 詳しい説明の関連語 染色体異常 2.60
1401 neomorph ネオモルフ 基礎 3.00
1422 Northern blot method ノーザンブロット法 分子 3.00
1133 knock-out ノックアウト 3.86
1132 knock-in ノックイン 4.00
2434 knockdown ノックダウン 分子 5.00
2551 Notch signal ノッチシグナル 動物 3.00
890 Hardy-Weiberg's law ハーディー・ワインベルグの法則 「理想的な集団」においては、対立遺伝子の頻度が世代が移り変わっても変化しないという法則。ここでいう理想的な集団とは、任意交配し、サイズが無限であり、他の集団から孤立しており、突然変異が起きず、自然選択がないような集団である。 集団 4.25
891 harlequin chromosome ハーレキン染色体 細胞 1.75
994 hypermorph ハイパーモルフ 基礎 詳しい説明の関連語 アレル 3.25
992 hybridization probe ハイブリダイゼーションプローブ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 3.33
979 hybrid arrested translation ハイブリッド拘束翻訳 分子 2.17
993 hybridoma ハイブリドーマ 広くは2種類の細胞を人工的に融合させて作った腫瘍性をもつ雑種細胞。一般には形質細胞腫とB細胞(Bリンパ球)の雑種細胞をさす。免疫した個体から分離したB細胞は、形質細胞腫細胞と融合することにより抗体を培養内で永遠に作り続けることができる 3.67
997 hypomorph ハイポモルフ 基礎 詳しい説明の関連語 アレル 3.25
973 housekeeping gene ハウスキーピング遺伝子 細胞の生命活動を維持するために、全ての細胞で常に発現している(あるいはそう考えられている)遺伝子 3.50
2659 HapMap project ハップマッププロジェクト 人類 3.00
888 haplotype ハプロタイプ 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 4.00
877 handicap principle ハンディキャップ原理 進化 3.00
219 Burkitt's lymphoma バーキットリンパ腫 人類 1.43
161 Barr body バー小体 細胞 3.29
2512 biohazard バイオハザード 基礎 3.00
195 bithorax complex バイソラックス遺伝子群 基礎 3.12
2343 binary vector バイナリーベクター 分子, 植物 2.00
148 bacterial artificial chromosome バクテリア人工染色体 分子 3.25
150 bactriophage バクテリオファージ 細菌に感染するウィルスの総称。 微生物 4.00
157 balancer chromosome バランサー染色体 その中に含まれている逆位によって、相同染色体間で組換えを抑制することができる染色体。ホモ接合体を維持するのが難しい変異は、これを利用してヘテロ接合体の系統として維持することができる。 基礎 3.75
158 Balbiani's ring バルビアニ環 基礎 3.67
1666 puff パフ 唾腺染色体の特定の領域にみられる膨らみ。この領域では、盛んにDNAやRNAが合成されている。その位置は発生時期によって異なり、可逆的な現象である。 基礎 3.75
1667 puffing パフ形成 基礎 2.00
1508 paralogous genes パラロガス遺伝子 進化 3.00
1507 paralog パラログ 遺伝子重複によって共通起原を有する遺伝子。種分化の前あるいは後に遺伝子重複が起こると、それらの遺伝子は種分化とは独立に分岐していく。しかし、分岐時間が不明な場合、パラログをオルソログと区別することが一般には難しい。なお、パラログを、遺伝子重複の進化上の重要性をいち早く説いた大野乾に敬意を表して、オオノログということもある。 進化 4.14
1501 palindrome パリンドローム(回文配列) 「たけやがやけた」のように、右から読んでも左から読んでも同じになる回文のようになる塩基配列上の構造のことをいう。これは、塩基の相補性から独自の2次構造を構成しやすく、その2次構造が機能をもつこともある。 分子 3.22
1670 Punnett square パンネットの方形 基礎 3.00
2416 heat shock protein ヒートショックプロテイン 基礎 5.00
932 histone ヒストン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 4.11
2420 histon acetylation ヒストンのアセチル化 分子 5.00
933 histone code ヒストン暗号(ヒストンコード) ゲノム 詳しい説明の関連語 染色体の部分構造 3.33
2421 histon modification ヒストン修飾 3.00
934 hitch-hiking effect ヒッチハイキング効果 集団 4.00
975 Human Genome Project ヒトゲノム計画 ヒトの全ゲノムDNAの配列を、国際連携研究によって解読した大規模プロジェクト。2003年に、ほとんどのゲノム領域を読み終えて完了が宣言された。 人類 3.75
976 human leucocyte antigen ヒト白血球抗原 人類 2.71
191 biotinylated-DNA ビオチン化DNA 分子 1.62
1676 pyrimidine ピリミジン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.00
1677 pyrimidine dimer ピリミジン二量体 隣接するピリミジン塩基が共有結合により連結したもの。紫外線によって生じ, 細胞には毒性である。 分子 チミンニ量体 3.40
1678 pyrosequencing ピロシーケンシング 分子 1.88
1534 phage ファージ 細菌に感染するウィルスの総称。正式にはバクテリオファージ。 細菌 3.67
1535 phage display ファージディスプレー 分子 3.29
1536 phagemid ファージミド 分子 2.50
2469 phage conversion ファージ変換 細菌 1.00
2559 phagosome ファゴソーム 基礎 3.00
2397 feedback repression フィードバック抑制 応用 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 1.00
2477 phytochrome フィトクローム 植物 5.00
1545 Philadelphia chromosome フィラデルフィア染色体 慢性骨髄性白血病(CML)症例の9割にみられる特異的な染色体異常。9番染色体長腕と22番染色体長腕との間の相互転座の結果,長腕が短くなった22番染色体をいう。Ph染色体とも略し,この特異的な転座をPh転座ともいう。 人類 2.33
676 filter hybridization フィルターハイブリダイゼーション 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 2.25
678 fingerprinting method フィンガープリント法 分子 3.00
1544 phenylketonuria フェニルケトン尿症 人類 2.71
2471 pheromone フェロモン 基礎 3.00
698 focus forming unit フォーカス形成単位 細菌 2.33
699 focus map フォーカス地図 2.33
2473 phosphatase フォスファターゼ 分子 3.00
702 foot-printing method フットプリント法 分子 3.33
715 free martin フリーマーチン 動物 2.67
2544 flip-flop mechanism フリップーフロップ機構 分子 3.00
712 frameshift mutation フレームシフト[突然]変異 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 4.20
713 farameshift suppressor フレームシフト抑圧遺伝子 分子 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 2.60
2399 flow cytometry フローサイトメトリー 基礎 5.00
2535 florigen フロリゲン 植物 5.00
2615 bootstrap value ブートストラップ値 基礎 4.00
218 Bruce efect ブルース効果 オスと交尾をしたメスが、着床前に交尾相手とは異なるオスの匂いに暴露されると妊娠が阻害される。マウスなどげっ歯類に特異的なこの現象は、1959年に動物学者のHilda M. Bruceによって発見されたことから「ブルース効果(Bruce effect)」と呼ばれる。 動物 2.50
1533 petite mutant プチ[突然]変異体 菌類 2.67
1562 plaque hybridization プラークハイブリッド法 細菌 詳しい説明の関連語 ハイブリダイゼーション 2.75
1630 primer プライマー 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 複製 3.67
1631 primer DNA プライマーDNA 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 複製 2.33
1633 primer RNA プライマーRNA 分子 2.50
2302 primase プライマーゼ 分子 5.00
1632 primer extension プライマー伸長 分子 2.11
1634 primer walking プライマー歩行法 分子 3.33
1635 primosome プライモソーム 分子 2.00
1570 plastome プラストーム 植物 2.50
1564 plasmid プラスミド 細菌 3.67
1567 plasmid vector プラスミドベクター 細菌 2.56
1566 plasmid rescue プラスミドレスキュー 細菌 2.33
1565 plasmid incompatibility プラスミド不和合性 細菌 2.43
1574 plus strand プラス鎖 分子 2.75
1568 plasmon プラズモン 2.60
1621 Pribnow box プリブノーボックス 分子 3.00
1675 purine プリン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.00
2487 pray プレイ 分子 5.00
1637 probe プローブ 分子 3.44
1659 provirus プロウイルス 細菌 3.00
2490 programmed cell death プログラムされた細胞死 基礎 5.00
1639 processing プロセシング タンパク質やRNAが機能を発揮するためには、一定の形に加工される過程のこと。RNAのスライシング反応や、タンパク質の翻訳後修飾などもプロセッシングに含まれる。 分子 3.75
1638 processed pseudogene プロセシング済み偽遺伝子 分子 2.43
2687 proteasome プロテアソーム 分子_基礎 4.00
1655 proteome プロテオーム ゲノム 3.67
2589 proteomics プロテオミックス 分子 1.00
1658 protoplast プロトプラスト 植物 2.75
1650 prophage プロファージ 細菌 3.29
1647 promoter プロモーター 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子の構造 4.20
873 hairpin loop ヘアピンループ 分子 2.75
912 heterokaryon ヘテロカリオン(異核共存体) 遺伝子型の異なる複数の単相核が同一の細胞内に共存して増殖する細胞などを指す。きのこなど菌類でよくみられる 菌類 3.67
904 heterochromatin ヘテロクロマチン(異質染色質) 細胞周期を通して間期でも凝縮したままの状態で存在する染色体領域、または間期核で凝縮した染色質をいい、遺伝子の発現はないかほとんど見られない。ヘテロクロマチンには、constitutive heterochromatin (構成的ヘテロクロマチン)とfacultative heterochromatin (条件的へテロクロマチン)とがある。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 4.33
922 heterothallism ヘテロタリズム 菌類 3.33
916 heteroplasmy ヘテロプラズミー 3.57
923 heterotic 【形】 ヘテロ強勢 応用 2.20
926 heterozygote superiority ヘテロ接合体優越性 基礎 2.17
906 heteroduplex ヘテロ二本鎖(二重鎖) 1、完全に一致しない配列が対合した二本鎖DNAの構造。組換えの中間体として形成される。2、核酸の解析技術でDNAあるいはRNAが不完全に対合したものをさす。 分子 3.50
911 heterogenote ヘテロ部分接合体 菌類 3.50
2533 hemizygosity ヘミ接合性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) ホモ/ヘテロ接合 3.00
2417 hemizygote ヘミ接合体 基礎 1.00
896 hemoglobin ヘモグロビン 人類 2.67
894 helix-turn-helix motif ヘリックス・ターン・ヘリックスモチーフ タンパク質の主要な構造モチーフの一つ。遺伝子発現を制御するタンパク質に特に多く見られる。2つのαヘリックスが短いペプチド鎖で繋がった構造をとり、DNAに結合する性質を持つ。 分子 3.50
174 Batesian mimicry ベーツ擬態 進化 3.50
2342 bayesian methods ベイズ法 基礎 5.00
2339 bait ベイト 分子 5.00
2227 vector ベクター 分子 3.67
176 Bergmann's rule ベルクマンの法則 進化 3.00
1497 paired box ペアードボックス 分子 2.60
1500 pair-rule gene ペアルール遺伝子 基礎 3.33
1531 peptide ペプチド 分子 3.43
874 Haldane's law ホールデンの法則 進化 3.50
937 Hogness box ホグネスボックス 分子 3.00
972 hot spot ホットスポット 基礎 3.29
944 homeodomain ホメオドメイン ホメオボックス遺伝子の60アミノ酸から成る領域で、標的遺伝子のプロモーター領域に結合し転写の制御を行う。様々な生物の発生・分化に極めて重要な役割を果たす。例えば、ホメオドメインを含むアンテナペディア遺伝子に突然変異をもつショウジョウバエは、触覚の場所に脚が生える表現型を示すことが知られている。 分子 3.50
943 homeobox ホメオボックス ホメオボックス遺伝子に含まれるホメオドメインをコードするおよそ180塩基対のDNA配列。菌類から動植物にいたる広い生物種で保存される。 分子 4.00
954 homokaryon ホモカリオン(同核共存体) 菌類 3.29
2424 homothallism ホモタリズム 菌類 1.00
966 homothallic 【形】 ホモタリック 菌類 3.29
961 homoplasmy ホモプラスミー 進化 3.00
2662 Holliday model ホリデイモデル 3.00
940 Holliday model ホリデイモデル 分子 3.57
939 Holliday junction ホリデイ接合 分子 3.67
159 Baldwin effect ボールドウィン効果 基礎 3.00
1604 positional cloning ポジショナルクローニング 3.25
1578 poly A ポリA RNAの3’末端に付加されるポリアデニル酸(AMP)。真核生物では、転写終了後に、成熟メッセンジャーRNAを生産する一過程として行われ、RNAの安定性や局在、翻訳に関わるとされる。 分子 3.22
1580 poly(A) tail ポリA尾部 分子 2.33
1584 polygene ポリジーン 基礎 3.67
1585 polygenic character ポリジーン形質 基礎 2.67
1598 polysomy ポリソミー 細胞 詳しい説明の関連語 倍数体 2.20
1590 polynucleotide ポリヌクレオチド 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 2.71
1591 polypeptide ポリペプチド 分子 3.29
1588 polymerase chain reaction ポリメラーゼ連鎖反応 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.67
1597 polyribosome ポリリボソーム 3.00
1587 polylinker ポリリンカー 分子 2.33
1234 marker マーカー(標識) 基礎 3.00
1235 marker-assisted introgression マーカー介助遺伝子移入 応用 2.60
1236 marker-assisted selection マーカー介助選択 応用 2.71
1238 marker rescue マーカー救済 分子 marker 2.60
1296 microRNA マイクロRNA 3.29
1289 microarray マイクロアレイ ゲノム 4.00
2296 microinjection マイクロインジェクション 基礎 3.00
1297 microsatellite DNA マイクロサテライトDNA CACA….といった短い反復が複数回繰り返される塩基配列。ゲノムに散在し、繰り返し回数に多型性があることから、配列長を利用した遺伝マーカとして使用される。 ゲノム 3.44
1306 minus strand マイナス鎖 分子 3.25
1253 Maxam-Gilbert method マクサム・ギルバート法 分子 3.00
1214 macromutation マクロ[突然]変異 基礎 2.29
2443 macrophage マクロファージ 動物 1.00
1242 master gene マスター遺伝子 基礎 3.00
1232 mapping マッピング(遺伝子地図作成) 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体地図 3.89
1360 Muller-5 method マラー5法 基礎 3.00
1362 Muller's ratchet マラーのラチェット 進化 3.50
1228 Malthusian parameter マルサス係数 集団 3.00
1294 micromutation ミクロ[突然]変異 基礎 1.83
2452 microbody ミクロボデイ、peroxisome 菌類 1.00
1310 missense ミスセンス 分子 2.38
1311 missense mutation ミスセンス[突然]変異 分子 2.88
2453 missense mutation ミスセンス[突然]変異(ミスセンス変異) 基礎 5.00
1312 missense suppressor ミスセンス抑圧遺伝子 分子 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 2.57
2675 mismatch ミスマッチ 分子 1.00
1317 mitochondrion 【pl.】 mitochondria ミトコンドリア 細胞 3.33
1314 mitochondrial DNA ミトコンドリアDNA 細胞小器官であるミトコンドリアに含まれる環状2本鎖DNAのこと。ヒトは約16kbであり32個の遺伝子を含む。 分子 4.00
1315 mitochondrial Eve ミトコンドリア・イブ 進化 3.00
2814 mitochondrial gene ミトコンドリア遺伝子 遺伝子 0.00
1316 mitochondrial syndome ミトコンドリア症候群 人類 3.33
1304 minisatellite DNA ミニサテライトDNA ゲノム 3.25
1384 muton ミュートン 基礎 1.50
1361 Mullerian mimicry ミュラー擬態 進化 3.50
1275 Meselson-Stahl experiment メセルソン・スタールの実験 分子 3.57
1286 metaxenia メタキセニア 基礎 2.50
1280 metagenomics メタゲノム解析 ゲノム 詳しい説明の関連語 ゲノム科学 3.86
2673 metabolome メタボローム 分子 1.00
2451 metabolomics メタボロミックス 分子 1.00
1287 methylation メチル化 物質にメチル基を付加するという意味の化学用語。DNAやヒストンのメチル化/脱メチル化により遺伝子発現の制御が行われることが知られている。 分子 詳しい説明の関連語 ゲノムインプリンティング 3.62
1276 messenger RNA メッセンジャーRNA(伝令RNA) 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 4.25
1272 Mendel's law メンデルの法則 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) ホモ/ヘテロ接合 3.86
1269 Mendelian inheritance メンデル遺伝 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) メンデルの法則 4.11
1268 Mendelian character メンデル形質 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) メンデルの法則 3.50
1270 Mendelian population メンデル集団 集団 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子プール 3.86
1271 Mendelism メンデル説 基礎 詳しい説明の関連語 メンデルの法則 3.33
2455 module モジュール 分子 3.00
1352 monosomic 【形】 モノソミー 細胞 詳しい説明の関連語 染色体異常 1.86
1353 monosomy モノソミー 異数性の染色体異常のひとつ。2倍体の体細胞では相同染色体は2本1対あり,この状態をダイソミーというが,1本少なくなって相同染色体が1本だけになった状態をモノソミーという。 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 2.43
1355 morgan モルガン【単位】 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 2.50
1356 Morgan unit モルガン単位 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 3.86
1338 Morpholino モルフォリノ 分子 2.83
616 euchromatin ユークロマチン(真性染色質) DNA染色色素で濃染される領域をヘテロクロマチンと呼ぶに対して、比較的薄く染色される領域をさす。転写が、活発におきる領域は、ユークロマチン 領域にある 基礎 4.25
2765 ubiquitin ユビキチン 基礎_分子 3.00
2766 ubiquitin ligase ユビキチンリガーゼ 分子 5.00
2767 ubiquitination ユビキチン化 分子 3.00
1194 Lyonization ライオニゼーション 細胞 4.20
1193 Lyon hypothesis ライオン仮説 細胞 3.80
2255 writhing number ライジング数 分子 3.00
2254 Wright effect ライト効果 集団 3.50
1141 lagging strand ラギング鎖 分子 3.00
1140 lactose operon ラクトースオペロン 細菌 3.25
1139 lac repressor ラクトースリプレッサー 細菌 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 3.00
1700 Rabl orientation ラブル配向 細胞 3.00
1142 Lamarckism ラマルク説 ジャン=バティスト・ピエール・アントワーヌ・ド・モネ、シュヴァリエ・ド・ラマルクは18世紀から19世紀にかけて活躍した著名な博物学者であり、ダーウィンらに先駆けて進化論を提唱した。彼は「用不要説」と「獲得形質の遺伝」のふたつを主張したが、特に後者を指してラマルク説と呼ばれることが多い。彼の考えは遺伝学の発展とともに完全に否定されたが、エピジェネティクスなどの発見にともない、最近になって再評価の機運も見られる。 基礎 3.50
1137 λ phage ラムダファージ 大腸菌に感染するDNAファージ。感染後染色体に挿入されるが、条件により染色体から切り出され増殖する。 細菌 3.75
1707 random amplified polymorphic DNA ランダム増幅多型DNA 集団 3.29
1833 runaway hypothesis ランナウェイ仮説 進化 3.00
1143 lampbrush chromosome ランプブラシ染色体 細胞 3.29
1150 leader peptide リーダーペプチド 分子 3.00
1151 leader sequence リーダー配列 分子 2.71
1152 leading strand リーディング鎖 分子 3.00
1715 read-through リードスルー 分子 2.71
1718 real-time PCR リアルタイムPCR 蛍光色素などを用いてPCR産物を経時的に定量する手法。コピー数を算出する絶対定量法とリファレンス遺伝子との相対値で発現を調べる相対定量法に分けられる。 分子 2.80
1163 ligase chain reaction リガーゼ連鎖反応 分子 2.20
2436 ligand リガンド 基礎 5.00
1162 ligand リガンド 分子 3.86
2508 RISC リスク 基礎 3.00
1809 ribose