| ホーム | 詳解語 | 最近 | 全覧 | DL | 旧サイト | ログイン (登録)
| A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z |

日本遺伝学会 遺伝学用語集編纂プロジェクト

用語リスト: V

Hit: 32
ID 英用語 属性 訳語 説明 重要度 分野 関連語 用語集 用語項目 スコア
2219 V-type positiom effect V型位置効果 基礎 2.00
2218 VNTR 【略】 VNTR 2.33
2773 vacuole 液胞 基礎 1.00
2220 variability (1)変動性 (2)多様性 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.67
2221 variable number tandem repeat 縦列反復数変異 ゲノム 2.50
2222 variant (1)変動体(2)多様体 表現型または遺伝子型において、集団内で高い頻度で見られるものよりも低い頻度で見出される個体あるいは遺伝子。 基礎 3.50
2223 variation (1)変動 (2)多様性 主要語、最重要 基礎 diversity 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝学 3.50
2224 variegated possition effect ふ入り型位置効果 基礎 2.43
2225 variegation ふ入り 基礎 2.71
2774 variegation ふ入り 植物 5.00
2226 variety 品種 基礎 詳しい説明の関連語 種、系統、株 2.43
2775 vascular bundle 維管束 植物 5.00
2227 vector ベクター 分子 3.67
2776 vegetative cell 栄養細胞 花粉となる半数性雄性生殖細胞は、通常の植物では四分子から生成され、さらに1個の栄養細胞と2個の精細胞に分裂し成熟花粉となる。栄養細胞は精細胞に比べ大型で、花粉の成熟に必須な澱粉やタンパク質の合成や貯蔵を担う。-- Main.KurataNori - 2011-12-27 植物 5.00
2777 vegetative organ 栄養器官 3.00
2778 vegetative phase 栄養成長期 植物の花芽が形成されるまでの成長期間を言う。花芽の形成は、短日植物、長日植物などのように遺伝的に日照の長短、温度などの自然条件を感知して開始されるため、栄養成長期の長さは、遺伝的な制御を受けている。 植物 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 5.00
2228 vegetative propagation 栄養繁殖 基礎 3.00
2779 vesicle 小胞 基礎 1.00
2780 vessel 道管 植物 3.00
2229 vestigial organ 痕跡器官 基礎 3.29
2230 viability 生存力 基礎 2.50
2231 vigor 活力 基礎 1.50
2232 viral vector ウイルスベクター 分子 3.00
2233 virion ウイルス粒子 2.14
2234 viroid ウイロイド 3.00
2781 virtual cell 0.00
2235 virulent 【形】 毒性 1.67
2236 virulent phage 毒性ファージ 細菌 3.00
2237 virus ウイルス 他の生物の細胞(宿主)を利用して、自己を複製する微小な構造体。タンパク質の殻とその内部の核酸からなる。細胞を持たないため分類上は非生物とされるが、遺伝子をもち自己複製するところは生物的である。 3.75
2238 virus genome ウイルスのゲノム 2.12
2240 visble trait 可視形質 基礎 1.75
2239 visible mutation 可視[突然]変異 基礎 1.75