| ホーム | 詳解語 | 最近 | 全覧 | DL | 旧サイト | ログイン (登録)
| A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z |

日本遺伝学会 遺伝学用語集編纂プロジェクト

用語リスト: R

Hit: 171
ID 英用語 属性 訳語 説明 重要度 分野 関連語 用語集 用語項目 スコア
1697 R factor R因子 細菌 2.50
1818 R loop Rループ 分子 3.00
1698 R plasmid Rプラスミド 細菌 2.60
1696 R-band Rバンド 細胞 3.00
2808 R-staining method 0.00
2691 R-staining method R染色(分染)法 染色体分染法のひとつ。QバンドあるいはGバンドのパターンにおける濃淡がちょうど逆転したバンドパターンが検出される方法。Rはreversed (‘逆転した’の意)の頭文字。Rバンドパターンは染色体上のDNA後期複製パターンとほぼ一致する。 基礎 5.00
1689 RACE 【略】 レース法 分子 2.75
1690 RAPD 【略】 RAPD 2.71
1692 RFLP 【略】 RFLP 3.57
2507 RIL 【略】 RIL 1.00
1817 RISC 【略】 RISC 分子 2.86
2508 RISC リスク 基礎 3.00
1693 RNA 【略】 RNA 3.86
2557 RNA binding protein RNA結合タンパク質 分子 3.00
1821 RNA editing RNA編集 RNAの配列を変化させ、ゲノム配列にコードされたものと違う成熟RNAを作り出すこと。tRNA, rRNA, mRNAのようなクラスの違うDNAが様々な程度に編集される。 分子 3.50
2509 RNA editing RNA編集 RNAの配列を変化させ、ゲノム配列にコードされたものと違う成熟RNAを作り出すこと。tRNA, rRNA, mRNAのようなクラスの違うDNAが様々な程度に編集される。 基礎 5.00
1822 RNA interference RNA干渉 siRNAと呼ばれる21-23 ntの短い二本鎖RNAといくつかの蛋白質から成るRNA蛋白質複合体の作用によって、siRNAと相補的な配列を持つmRNAが分解される減少のこと。遺伝子機能を破壊するための遺伝子工学の技術としても用いられる。 分子 3.89
1823 RNA phage RNAファージ 細菌 2.71
1824 RNA polymerase RNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.75
1825 RNA processing RNAプロセッシング mRNA前駆体から、イントロンが除去されて成熟型mRNAがつくられる一連の過程のこと。 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.50
2510 RNA splicing RNAスプライシング mRNA前駆体から成熟型mRNAになるために、不要なイントロンの配列を除去して、残ったエキソン同士を再結合させる過程のこと。 基礎 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 5.00
1826 RNA splicing RNAスプライシング mRNA前駆体から成熟型mRNAになるために、不要なイントロンの配列を除去して、残ったエキソン同士を再結合させる過程のこと。 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 4.00
1827 RNA virus RNAウイルス 3.00
1819 RNA-dependent DNA polymerase RNA依存性DNAポリメラーゼ 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 3.00
1820 RNA-dependent RNA polymerase RNA依存性RNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.00
2511 RNA-induced silencing complex RNA誘導遺伝子抑制複合体 基礎 3.00
1694 RNAi 【略】 RNAi RNA干渉のこと。 4.00
1828 RNase RNA分解酵素 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 2.71
1700 Rabl orientation ラブル配向 細胞 3.00
1746 Red Queen hypothesis 赤の女王仮説 進化 2.60
2505 Rf gene 応用 1.00
1804 Rh blood group Rh血液型 人類 2.20
1829 Robertsonian translocation ロバートソン[型]転座 染色体短腕にリボソームRNA遺伝子クラスターを持つアクロセントリック染色体(ヒトの細胞では第13, 14, 15, 21, 22染色体)間での転座。二本の染色体が融合するため染色体数が一本減少する。 細胞 詳しい説明の関連語 染色体異常 4.00
1831 r selection r選択 進化 3.00
1699 r selection r選択 進化 3.00
1691 rDNA 3.00
1712 rDNA amplification rDNA増幅 分子 3.00
1695 rRNA rRNA 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 3.75
1701 race (1)品種 (2)人種 (3)系統 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 2.14
1702 radiation 放射線 基礎 2.71
1703 radiation breeding 放射線育種 応用 3.00
1704 radiation genetics 放射線遺伝学 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.67
1705 radiation hybrid 放射線雑種 2.43
1706 radiation mutagenesis 放射線[突然]変異生成 詳しい説明の関連語 変異 2.25
1707 random amplified polymorphic DNA ランダム増幅多型DNA 集団 3.29
1708 random assortment 任意組合わせ 基礎 2.20
1709 random drift 機会的浮動 集団 詳しい説明の関連語 遺伝子プール 1.67
1710 random genetic drift 機会的遺伝的浮動 集団 詳しい説明の関連語 遺伝子プール 3.00
1711 random mating 任意交配 集団 2.67
1713 reaction norm 反応規格 基礎 2.50
1715 read-through リードスルー 分子 2.71
1714 reading frame 読み枠 分子 3.25
1718 real-time PCR リアルタイムPCR 蛍光色素などを用いてPCR産物を経時的に定量する手法。コピー数を算出する絶対定量法とリファレンス遺伝子との相対値で発現を調べる相対定量法に分けられる。 分子 2.80
1716 realized heritability 実現遺伝率 応用 3.00
1717 realized selection differential 実現選択差 応用 3.00
1719 rearrangement 再配列 (註:再編成のほうが適切と思われる) 染色体やゲノムにおいて、遺伝子や特定なDNA配列の並びの順番などが変化したり、変化した状態のことをいう。特に、(1)生殖細胞のゲノムに起こる突然変異のひとつとしての再構成。(gene arrangementを参照のこと)、(2)B細胞やT細胞などの免疫担当細胞のゲノムにおいて、免疫グロブリン遺伝子やT細胞受容体遺伝子のV領域とC領域が直結したりする際に起こるDNA配列の欠失と再連結のこと、(3)インフルエンザウイルスのある系統の8本のRNAゲノムにおいて、そのいくつかが他の系統の相同なゲノムと入れ替わること。 基礎 3.60
1720 reassociation 再会合 分子 3.33
2305 reassociation kinetics 再会合カイネティックス 分子 5.00
1721 recapitulation theory 反復説 基礎 3.00
2587 receptor kinase 受容体リン酸化酵素 分子 5.00
1722 recessive 【形】 潜性 単一遺伝子に依存する遺伝形質で,アレルの組み合せ(遺伝型)がヘテロ接合のとき現れず,ホモ接合のときにだけ現れる形質を,他の形質に対して潜性であるという。従来の劣性に代わる用語。 主要語、最重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 4.00
1723 recessive character 潜性形質 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 3.50
1724 recessive gene 潜性遺伝子 基礎 顕性/潜性 3.25
1725 recessive mutation 潜性[突然]変異 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 3.67
2496 recipient (1) 受容体 (2) 受容菌 基礎 1.00
1726 reciprocal cross (1)逆交配 (2)逆交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 3.00
1727 reciprocal crossing-over 相互交差(乗換え) 基礎 詳しい説明の関連語 組換え 2.86
1728 reciprocal crossings (1)正逆交配 (2)正逆交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 2.86
1729 reciprocal mating (1)逆交配 (2)逆交雑 基礎 詳しい説明の関連語 交配 3.00
1730 reciprocal matings 正逆交配 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 交配 1.57
1731 reciprocal reccurent selection 相互循環選択 応用 2.50
1732 reciprocal recombinatiom 相互組換え 基礎 2.71
1733 reciprocal translocation 相互転座 染色体構造異常のひとつ。2つの非相同染色体が切断され,その切断片が互いに交換して再結合した状態。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体異常 3.25
1734 recognition sequence 認識配列 2.33
1735 recognition site 認識部位 2.50
1736 recombinant 組換え体 1頁使い詳しく説明(主要語) 組換え 3.40
1737 recombinant DNA 組換えDNA 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 組み替えの分子機構 3.60
1738 recombinant DNA technology 組換えDNA技術 DNAを人工的にベクターや異種生物の染色体上に結合させる技術。主に制限酵素に切断を用いる。 分子 詳しい説明の関連語 組み替えの分子機構 3.67
2794 recombinant chromosome 組換え染色体 細胞 0.00
2497 recombinant inbred line 組換え近交系 応用 3.00
1739 recombinant inbred strain 組換え近交系統 詳しい説明の関連語 種、系統、株 3.29
1740 recombination 組換え 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 組換え 4.40
2498 recombination fraction 組換え割合 基礎 5.00
1741 recombination frequency 組換え頻度 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 組換え 3.20
1742 recombination nodule 組換え結節 細胞 2.67
1743 recombination value 組換え価 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 3.75
1744 recombinational repair 組換え修復 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 2.50
1745 recon レコン 基礎 1.67
2306 recurrent backcrosses (1)反復戻し交配 (2)反復戻し交雑 応用 詳しい説明の関連語 交配 3.00
2555 redifferentiation 再分化 基礎 5.00
1747 reduction division 還元分裂 基礎 詳しい説明の関連語 減数分裂 2.78
2499 redundancy 冗長性 分子 3.00
2308 redundant gene 冗長的遺伝子 分子 3.00
1748 regulatory gene 調節遺伝子 他の遺伝子の発現(場合によっては遺伝子産物の量や機能)を制御する遺伝子。 基礎 4.43
1749 regulon レギュロン 細菌 3.57
1750 reinforcement hypothesis 強化仮説 進化 2.33
1751 relaxed control 緩和調節 細菌 2.20
1752 relaxed selection 選択緩和 応用 3.00
1753 releasing factor 解離因子 分子 3.00
1754 repair 修復 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.67
1755 repair synthesis 修復合成 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
1756 repeatability 反復率 応用 2.50
1757 repeated backcross (1)反復戻し交配 (2)反復戻し交雑 詳しい説明の関連語 交配 3.00
1758 repeated sequence 反復配列 ゲノム 2.14
1759 repetitive sequence 反復配列 ゲノム 2.78
1760 replacement site 置換部位 2.00
1761 replica plating レプリカ平板法 細菌 2.33
1762 replication 複製 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 複製 4.00
1763 replication bubble 複製バブル 分子 詳しい説明の関連語 複製 2.33
1764 replication fork 複製フォーク 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 複製 3.29
1765 replication origin 複製起点(複製開始点) 分子 3.29
1766 replication repair 複製修復 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.00
1767 replicon レプリコン 分子 3.57
1768 reporter gene レポーター遺伝子 実験的な標識の目的で、外部から生体に導入する遺伝子。緑色蛍光タンパク質(GFP)が有名。 基礎 3.75
1769 repression 抑制 基礎 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 3.86
1770 repressor (1)抑制因子 (2)抑制遺伝子 主要語、重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 相互作用する因子 4.00
1771 repressor gene 抑制遺伝子 (もしこの語があるとすれば)他の遺伝子の発現を抑制する機能を持つ遺伝子。 基礎 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 3.50
1772 reproduction (1)生殖 (2)繁殖 (3)増殖 基礎 3.00
1773 reproductive character displacement 生殖的形質置換 進化 3.00
1774 reproductive isolation 生殖的隔離 進化 3.00
2500 reproductive phase 生殖成長期 植物 5.00
1775 reproductivity 生殖力 基礎 2.33
2501 reprogramming 再プログラミング 基礎 3.00
1776 repulsion 相反 基礎 3.40
1777 residue 残基 分子 3.25
1778 resistance plasmid 抵抗性プラスミド 細菌 1.88
1779 response element 応答DNA配列 分子 2.67
1780 restitution nucleus 【pl.】 restitution nuclei 復旧核 基礎 1.80
1781 restricted transduction 限定[形質]導入 細菌 1.80
1782 restriction 制限【DNAの】 細菌 3.00
1783 restriction endonuclease 制限エンドヌクレアーゼ 分子 3.75
1784 restriction enzyme 制限酵素 特定の塩基配列を認識してDNAを切断する酵素。切断されたDNA末端の構造には2種類あり、それぞれ平滑末端と粘着末端と呼ばれる。遺伝子組み換え実験、制限地図の作成、RFLP解析に用いられる。 分子 3.50
1785 restriction enzyme cleavage map 制限酵素切断地図 2.71
1786 restriction fragment 制限断片 分子 2.75
1787 restriction fragment length polymorphism 制限断片長多型 DNAを制限酵素で切断した場合、ゲノム中の制限酵素認識部位の配列に個体差がある場合、その断片長には差が観察できる。この方法は簡便であるため、ゲノムの多様性を示すマーカーとして多用されている。 集団 3.44
1788 restriction landmark genomic scanning 制限酵素ランドマークゲノムスキャニング法 ゲノム 2.00
1789 restriction site 制限部位 分子 2.75
1790 restrictive condition 制限条件 分子 2.50
1791 reticulate evolution 網状進化 進化 3.00
1792 retinoblastoma 網膜芽細胞腫 人類 2.43
2502 retroelement レトロ因子 分子 5.00
1793 retrogressive evolution 退行[的]進化 進化 2.33
1794 retroposition 逆転写転移 分子 2.50
1795 retroposon レトロポゾン 3.57
2503 retrotransposon レトロトランスポゾン 分子 5.00
1796 retrovirus レトロウイルス 遺伝物質として一本鎖 RNA をもち、感染(宿主)細胞内で逆転写酵素によって DNA を合成し、宿主染色体に入り込んで増殖するウイルスの総称。エイズウイルスなど。 3.50
1797 reverse genetics 逆遺伝学 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝学 3.50
1798 reverse mutation 復帰[突然]変異 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 変異 3.00
1799 reverse transcriptase 逆転写酵素 1、RNAを鋳型にDNAを合成する酵素。レトロウイルスなどのRNAを遺伝物質として持つものが自己を複製するために持つ。2、mRMAからcDNAを作る反応に用いる酵素。RT-PCR法に用いる。 分子 3.75
1800 reverse transcriptase-polymerase chain reaction 逆転写PCR 分子 3.25
1801 reverse transcription 逆転写 1、RNAを鋳型にDNAを合成すること。レトロウイルスなどのRNAを遺伝物質として持つものが自己を複製するためにおこなう。2、mRMAからcDNAを作る反応。RT-PCR法に用いる。 分子 逆転写酵素 3.75
2504 reversion 先祖返り 進化 5.00
1802 reversion (1) 復帰 (2) 先祖返り 基礎 3.57
1803 revertant 復帰突然変異体 基礎 3.25
1805 ribonuclease リボヌクレアーゼ 分子 3.25
1806 ribonucleic acid リボ核酸 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 4.00
1807 ribonucleoprotein リボ核タンパク質 RNAと複合体を形成したタンパク質。 分子 3.50
1808 ribonucleotide リボヌクレオチド 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.75
1809 ribose リボース 分子 3.00
1810 ribosomal DNA リボソームDNA タンパク質の合成を行うリボソームという器官に存在するリボソームRNAをコードする遺伝子。多重遺伝子族。 分子 3.22
1812 ribosomal RNA リボソームRNA 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 3.22
1811 ribosomal protein リボソームタンパク質 分子 3.00
1813 ribosome リボソーム 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 3.60
2506 ribozyme リボザイム 分子 5.00
1814 ribozyme リボザイム 生体反応は、タンパク質で構成された酵素によって制御されていると考えられていたが、後にRNAも関与することがわかってきた。このようなRNAのことをリボザイムと呼ぶ。リボザイムは自己スプライシング機能を持っている。 分子 3.50
1815 ridge count 隆線数 人類 2.33
1816 ring chromosome 環状染色体 染色体構造異常のひとつ。染色体腕の両端で切断がおきてその切断端同士が再結合した状態。リング染色体ともいう。 細胞 2.33
1830 rolling circle-type replication ローリングサークル型複製 分子 詳しい説明の関連語 複製 3.29
2519 root apical meristem 根端分裂組織 植物 5.00
1832 rudimentary organ 痕跡器官 基礎 3.33
1833 runaway hypothesis ランナウェイ仮説 進化 3.00