| ホーム | 詳解語 | 最近 | 全覧 | DL | 旧サイト | ログイン (登録)
| A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z |

日本遺伝学会 遺伝学用語集編纂プロジェクト

用語リスト:

Hit: 2825
ID 英用語 属性 訳語 説明 重要度 分野 関連語 用語集 用語項目 スコア
2197 2n 2n 2.67
2198 2n generation 2n世代 基礎 2.67
214 5-bromodeoxyuridiene 5-ブロモデオキシウリジン 2.11
1 A 【略】 A 【ヌクレオチド塩基】 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 2.57
122 A site A部位 分子 2.29
15 A-chromosome A染色体 基礎 2.00
35 A-form DNA A型DNA 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
3 ABC model ABCモデル 植物 4.33
4 ABO blood group ABO血液型 人類 3.44
34 AFLP 【略】 AFLP 3.29
2325 APC 【略】 APC 0.00
2327 ARS 【略】 ARS 1.00
125 AT/GC ratio AT/GC比 分子 2.11
2311 Ac element Ac因子 分子 5.00
10 Ac/Ds system Ac/Dシステム 植物 3.67
13 Achilles' heel cleavage アキレスの踵切断 分子 3.00
2601 Agrobacterium tumefacience アグロバクテリウム 分子 5.00
50 Allen's rule アレンの法則 進化 2.33
68 Alu sequence Alu配列 分子 3.20
71 Ames test エイムス試験 微生物 3.25
145 B-chromosome B染色体 細胞 染色体 2.17
177 B-form DNA B型DNA 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
143 BAC 【略】 BAC 2.62
197 BLAST 【略】 BLAST 対象とする塩基配列やアミノ酸配列を照会配列として、注目するデータベースに対して類似性をもつものを網羅的に探し出すコンピュータプログラムのひとつ。計算時間の短縮を図って、事前に短い配列をインデックス化して登録して計算を高速してある。ただし、長い配列の類似性の検出には向かない傾向にある。 ゲノム 4.11
158 Balbiani's ring バルビアニ環 基礎 3.67
159 Baldwin effect ボールドウィン効果 基礎 3.00
161 Barr body バー小体 細胞 3.29
174 Batesian mimicry ベーツ擬態 進化 3.50
176 Bergmann's rule ベルクマンの法則 進化 3.00
218 Bruce efect ブルース効果 オスと交尾をしたメスが、着床前に交尾相手とは異なるオスの匂いに暴露されると妊娠が阻害される。マウスなどげっ歯類に特異的なこの現象は、1959年に動物学者のHilda M. Bruceによって発見されたことから「ブルース効果(Bruce effect)」と呼ばれる。 動物 2.50
219 Burkitt's lymphoma バーキットリンパ腫 人類 1.43
2801 C C 0.00
220 C 【略】 C【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 2.71
430 C value C値 基礎 3.86
227 C-band Cバンド 細胞 3.00
228 C-paradox C値のパラドックス ゲノムが生物の「設計図」であるなら、生物の複雑さとゲノムの大きさ(C値)は相関するに違いないと直感的に考えられる。しかし現実にはそのような単純な関係はないことを指す。例えば、最大のC値のを持つ動物はハイギョである。 基礎 3.75
2368 C-staining method C染色(分染)法 細胞 5.00
229 C-terminal C末端 分子 2.33
230 C-terminus 【pl.】 C-termini C末端 分子 2.00
431 C-value paradox C値のパラドックス ゲノムあたりのDNA量(C値)が生物の体制の複雑さを反映しないようにみえること。 基礎 3.00
225 CAAT box CAATボックス 分子 2.25
2597 CAPS 【略】 CAPS 1.00
245 CATassay CATアッセイ 分子 2.50
2349 CDK 【略】 CDK 分子 5.00
2359 CMS 【略】 CMS 1.00
223 CNV 【略】 CNV 1.50
413 CRE 【略】 CRE 分子 2.00
414 CREB サイクリックAMP応答配列結合タンパク質 分子 1.71
231 Cairns model ケーンズモデル 微生物 2.33
226 Cartagena protocol カルタヘナ議定書 生物の多様性に関する条約のうち、現代のバイオテクノロジーにより改変された生物が生物の多様性の保全及び持続可能な利用に及ぼす可能性のある悪影響を防止するための措置を規定する議定書。2004年2月19日、日本において発効。 3.75
2619 ChIP method チップ法 分子 3.00
2567 Chi square test カイ二乗検定 3.00
317 ClB method ClB法 1.80
348 Col factor コリシン因子 細菌 2.12
349 Colcemid コルセミド 基礎 1.88
394 Cope's law コープの法則 進化 3.00
407 Cot analysis コット解析 分子 3.25
412 CpG island CpGアイランド ゲノムDNA配列内でシトシンに続きグアニンが並ぶCpG配列の含有率が特に高い領域。恒常発現遺伝子のプロモーター領域に多く認められる。 分子 3.22
415 Cre-loxP system Cre-loxP システム 分子 3.25
442 D loop Dループ 分子 2.75
453 DDBJ 【略】 DDBJ ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.75
440 DNA 【略】 DNA 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 4.11
519 DNA amplification DNA増幅 分子 2.89
520 DNA binding protein DNA結合タンパク質 分子 3.00
521 DNA chip DNAチップ 分子 3.44
523 DNA fingerprinting DNA指紋法 分子 3.25
524 DNA footprinting DNAフットプリンティング法 分子 3.00
525 DNA library DNAライブラリー ゲノム 2.62
2380 DNA methylation DNAのメチル化 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノムインプリンティング 5.00
526 DNA phage DNAファージ 2.50
527 DNA polymerase DNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 4.00
529 DNA sequence DNA[塩基]配列 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.60
2379 DNA sequencer DNA配列決定機 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 5.00
530 DNA sequencing DNA配列決定 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.70
531 DNA test DNA鑑定 3.00
532 DNA typing DNAタイピング 3.00
536 DNA vaccine DNAワクチン 3.00
533 DNA virus DNAウイルス 3.00
522 DNA-DNA hybridization DNA-DNAハイブリッド形成 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 3.25
528 DNA-RNA hybridization DNA-RNAハイブリッド形成 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 3.50
534 DNase デオキシリボヌクレアーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.50
535 DNase protection デオキシリボヌクレアーゼ保護法 分子 3.00
441 DZ 【略】 DZ 1.33
447 Darwinian evolution ダーウィン的進化 進化 3.33
448 Darwinian fitness ダーウィン適応度 集団 3.00
449 Darwinism ダーウィン説 進化 1頁使い詳しく説明(主要語) 進化のしくみ 3.50
537 Dollo's law ドロの法則 進化 3.00
559 Down's syndrome ダウン症候群 人類 3.00
2385 Ds element Ds因子 分子 5.00
564 Ds-Ac system 解離活性化因子系 植物 2.50
613 E site E部位 分子 2.50
586 EMBL 【略】 EMBL ゲノム The EMBL Nucleotide Sequence Database (EMBL-Bank) 詳しい説明の関連語 DNA配列決定 3.25
2571 EMS 【略】 EMS 1.00
570 EMS 【略】 EMS 2.29
2817 ER 【略】 ER 0.00
571 ESS 【略】 ESS 1.00
572 EST 【略】 EST 3.00
2637 En/spm 【略】 En/spm 分子 3.00
651 F duction F導入 細菌 2.00
652 F factor F因子 細菌 3.25
653 F pilus 【pl.】 F pili F線毛 細菌 2.25
654 F plasmid Fプラスミド 細菌 2.33
2395 F test F検定 基礎 3.00
655 F' factor Fプライム因子 細菌 3.00
649 F+strain F+菌株 細菌 2.33
2396 F-box protein Fボックスタンパク質 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 5.00
650 F-strain F-菌株 細菌 2.33
647 F1 基礎 3.86
648 F2 基礎 3.86
660 FASTA FASTA 対象とする塩基配列やアミノ酸配列を照会配列として、注目するデータベースに対して類似性をもつものを網羅的に探し出すコンピュータプログラムのひとつ。比較的に長い配列の類似性を探し出すのに適するが、計算時間がかかることが多かったりする。なお、歴史的には早くから用いられたプログラムであることから、その入力のデータフォーマットは非常によく使われており、「FASTAフォーマット」と呼ばれて、このプログラム以外にもよく使われている。 ゲノム 3.50
688 FISH 【略】 FISH 詳しい説明の関連語 ハイブリダイゼーション 3.67
697 FLP-FRT system FLP-FRTシステム 分子 2.60
723 G 【略】 G【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
2402 G protein Gタンパク質 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 3.00
730 G-band Gバンド 染色体標本をギムザ染色した際に濃染される染色体領域。 細胞 染色体地図 3.44
2595 G-protein coupling recepter Gタンパク質共役型受容体 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 0.00
732 G-staining method G染色法 染色体分染法のひとつ。染色体標本を前処理してギムザ液で染色する方法。検出されるバンドをGバンドという。Gはギムザ液の頭文字。Gバンドの濃淡パターンは,Qバンドの蛍光強弱によるバンドパターンと基本的には一致する。 細胞 3.00
726 G0 phase G0 期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.44
727 G1 arrest G1 期停止 基礎 詳しい説明の関連語 細胞分裂の機構 3.00
728 G1 phase G1 期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.44
729 G2 phase G2 期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.44
2646 GAL4 GAL4 分子 5.00
745 GC content GC含量 ゲノム中のある一定範囲内におけるグアニン/シトシン塩基の含有率。 分子 3.60
731 GFP 【略】 GFP 3.29
2657 GPCR 【略】 GPCR 分子 3.00
862 GT-AG rule GT-AG規則 分子 3.29
2414 GUS gene GUS遺伝子 分子 5.00
747 GenBank GenBank ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) DNA配列決定 3.67
854 Giemsa staining method ギムザ染色法 ギムザ液(アズール,エオシン,メチレン青の混合液)で染める方法.細菌学者 G. Giemsa が考案。細胞核,染色体や病原体の染色に多用される。 細胞 3.50
2656 Goldberg-Hogness box 分子 3.00
724 Gy 【略】 Gy 基礎 1.67
871 HLA 【略】 HLA MHC 2.60
935 HLA antigen HLA抗原 人類 3.25
936 HLA gene HLA遺伝子 人類 2.75
2422 HMG 【略】 HMG 3.00
874 Haldane's law ホールデンの法則 進化 3.50
2659 HapMap project ハップマッププロジェクト 人類 3.00
890 Hardy-Weiberg's law ハーディー・ワインベルグの法則 「理想的な集団」においては、対立遺伝子の頻度が世代が移り変わっても変化しないという法則。ここでいう理想的な集団とは、任意交配し、サイズが無限であり、他の集団から孤立しており、突然変異が起きず、自然選択がないような集団である。 集団 4.25
870 Hfr 【略】 Hfr 2.33
929 Hfr strain Hfr[菌]株 細菌 2.57
937 Hogness box ホグネスボックス 分子 3.00
939 Holliday junction ホリデイ接合 分子 3.67
2662 Holliday model ホリデイモデル 3.00
940 Holliday model ホリデイモデル 分子 3.57
975 Human Genome Project ヒトゲノム計画 ヒトの全ゲノムDNAの配列を、国際連携研究によって解読した大規模プロジェクト。2003年に、ほとんどのゲノム領域を読み終えて完了が宣言された。 人類 3.75
1002 IQ 【略】 IQ 2.50
2599 IR 沢山の意味を持つ 0.00
2292 IS 【略】 IS 分子 1.00
1119 K selection K選択 進化 3.00
1130 Klenow fragment クレノウ断片 分子 3.25
1131 Klinefelter's syndrome クラインフェルター症候群 人類 3.00
1134 Kozak sequence コザック配列 分子 3.33
2437 LINE 【略】 LINE 分子 5.00
1165 LINE 【略】 LINE[因子] ゲノム 3.75
2295 LOD score ロッド値 基礎 4.00
2536 LOH 【略】 LOH 1.00
1136 LTR LTR 2.67
2439 LTR 【略】 LTR 分子 1.00
2440 LUC gene LUC遺伝子 分子 5.00
2668 LacZ 【略】 LacZ 分子 5.00
1142 Lamarckism ラマルク説 ジャン=バティスト・ピエール・アントワーヌ・ド・モネ、シュヴァリエ・ド・ラマルクは18世紀から19世紀にかけて活躍した著名な博物学者であり、ダーウィンらに先駆けて進化論を提唱した。彼は「用不要説」と「獲得形質の遺伝」のふたつを主張したが、特に後者を指してラマルク説と呼ばれることが多い。彼の考えは遺伝学の発展とともに完全に否定されたが、エピジェネティクスなどの発見にともない、最近になって再評価の機運も見られる。 基礎 3.50
1155 Lesch-Nyhan syndrome レッシュ・ナイハン症候群 人類 3.00
1160 Lewis blood group ルイス血液型 人類 3.00
1135 Lod 【略】 Lod 3.00
1191 Lutheran blood group ルセラン血液型 人類 2.33
1193 Lyon hypothesis ライオン仮説 細胞 3.80
1194 Lyonization ライオニゼーション 細胞 4.20
1195 Lysenkoism ルイセンコ主義 基礎 3.00
1210 M phase M期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 4.25
1219 MADS box MADSボッルス 2.67
2445 MAP kinase MAPリン酸化酵素 分子 5.00
1204 MHC 【略】 MHC HLA 3.00
2454 MITE 【略】 MITE 分子 5.00
1324 MN blood group MN血液型 人類 2.20
1208 MTOC 【略】 MTOC 2.00
1209 MZ 【略】 MZ 1.00
1228 Malthusian parameter マルサス係数 集団 3.00
1253 Maxam-Gilbert method マクサム・ギルバート法 分子 3.00
1260 Meditarranian anemia 地中海貧血症 人類 2.60
1272 Mendel's law メンデルの法則 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) ホモ/ヘテロ接合 3.86
1268 Mendelian character メンデル形質 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) メンデルの法則 3.50
1269 Mendelian inheritance メンデル遺伝 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) メンデルの法則 4.11
1270 Mendelian population メンデル集団 集団 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子プール 3.86
1271 Mendelism メンデル説 基礎 詳しい説明の関連語 メンデルの法則 3.33
1275 Meselson-Stahl experiment メセルソン・スタールの実験 分子 3.57
1356 Morgan unit モルガン単位 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 3.86
1338 Morpholino モルフォリノ 分子 2.83
1362 Muller's ratchet マラーのラチェット 進化 3.50
1360 Muller-5 method マラー5法 基礎 3.00
1361 Mullerian mimicry ミュラー擬態 進化 3.50
1388 N--terminus 【pl.】 N-termini N末端 分子 3.25
1387 N-band Nバンド 細胞 2.60
2297 NIL 【略】 NIL 1.00
1385 NOR 【略】 NOR 2.60
1422 Northern blot method ノーザンブロット法 分子 3.00
2551 Notch signal ノッチシグナル 動物 3.00
2462 OMIM 【略】 オミム 人類 2.00
1447 ORF 【略】 ORF 1頁使い詳しく説明(主要語) コード/非コード 3.29
1450 Ohno's law 大野の法則 進化 3.67
1451 Okazaki fragment 岡崎断片 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 複製 3.67
2464 Orc 【略】 Orc 基礎 1.00
1489 P 3.00
1492 P blood group P血液型 人類 1.50
1529 P element P因子 3.67
1665 P site P部位 分子 3.00
1600 P1-derived artificial chromosome P1ファージ人工染色体 分子 2.67
1490 PAC 2.33
2682 PAR 基礎 1.00
2530 PCC 【略】 PCC 1.00
1491 PCR 3.29
2299 PDB PDB 基礎 3.00
2493 PTGS 【略】 PTGS 基礎 3.00
2468 Ph chromosome 人類 1.00
1545 Philadelphia chromosome フィラデルフィア染色体 慢性骨髄性白血病(CML)症例の9割にみられる特異的な染色体異常。9番染色体長腕と22番染色体長腕との間の相互転座の結果,長腕が短くなった22番染色体をいう。Ph染色体とも略し,この特異的な転座をPh転座ともいう。 人類 2.33
1621 Pribnow box プリブノーボックス 分子 3.00
1670 Punnett square パンネットの方形 基礎 3.00
1681 Q blood group Q血液型 人類 1.67
1680 Q-band Qバンド 細胞 2.67
2807 Q-staining method Q-staining method 0.00
2494 Q-staining method Q染色(分染)法 染色体分染法のひとつ。染色体標本を蛍光色素キナクリンマスタード(quinacrine mustard)で染色し,蛍光顕微鏡で観察すると染色体の縦軸方向に蛍光の強弱に伴うバンド模様が観察される。このバンドをQバンドという。Qは色素の頭文字。 基礎 5.00
1679 QTL 【略】 QTL 3.57
1697 R factor R因子 細菌 2.50
1818 R loop Rループ 分子 3.00
1698 R plasmid Rプラスミド 細菌 2.60
1696 R-band Rバンド 細胞 3.00
2808 R-staining method 0.00
2691 R-staining method R染色(分染)法 染色体分染法のひとつ。QバンドあるいはGバンドのパターンにおける濃淡がちょうど逆転したバンドパターンが検出される方法。Rはreversed (‘逆転した’の意)の頭文字。Rバンドパターンは染色体上のDNA後期複製パターンとほぼ一致する。 基礎 5.00
1689 RACE 【略】 レース法 分子 2.75
1690 RAPD 【略】 RAPD 2.71
1692 RFLP 【略】 RFLP 3.57
2507 RIL 【略】 RIL 1.00
1817 RISC 【略】 RISC 分子 2.86
2508 RISC リスク 基礎 3.00
1693 RNA 【略】 RNA 3.86
2557 RNA binding protein RNA結合タンパク質 分子 3.00
1821 RNA editing RNA編集 RNAの配列を変化させ、ゲノム配列にコードされたものと違う成熟RNAを作り出すこと。tRNA, rRNA, mRNAのようなクラスの違うDNAが様々な程度に編集される。 分子 3.50
2509 RNA editing RNA編集 RNAの配列を変化させ、ゲノム配列にコードされたものと違う成熟RNAを作り出すこと。tRNA, rRNA, mRNAのようなクラスの違うDNAが様々な程度に編集される。 基礎 5.00
1822 RNA interference RNA干渉 siRNAと呼ばれる21-23 ntの短い二本鎖RNAといくつかの蛋白質から成るRNA蛋白質複合体の作用によって、siRNAと相補的な配列を持つmRNAが分解される減少のこと。遺伝子機能を破壊するための遺伝子工学の技術としても用いられる。 分子 3.89
1823 RNA phage RNAファージ 細菌 2.71
1824 RNA polymerase RNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.75
1825 RNA processing RNAプロセッシング mRNA前駆体から、イントロンが除去されて成熟型mRNAがつくられる一連の過程のこと。 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.50
2510 RNA splicing RNAスプライシング mRNA前駆体から成熟型mRNAになるために、不要なイントロンの配列を除去して、残ったエキソン同士を再結合させる過程のこと。 基礎 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 5.00
1826 RNA splicing RNAスプライシング mRNA前駆体から成熟型mRNAになるために、不要なイントロンの配列を除去して、残ったエキソン同士を再結合させる過程のこと。 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 4.00
1827 RNA virus RNAウイルス 3.00
1819 RNA-dependent DNA polymerase RNA依存性DNAポリメラーゼ 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 3.00
1820 RNA-dependent RNA polymerase RNA依存性RNAポリメラーゼ 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 3.00
2511 RNA-induced silencing complex RNA誘導遺伝子抑制複合体 基礎 3.00
1694 RNAi 【略】 RNAi RNA干渉のこと。 4.00
1828 RNase RNA分解酵素 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 重要な分子 2.71
1700 Rabl orientation ラブル配向 細胞 3.00
1746 Red Queen hypothesis 赤の女王仮説 進化 2.60
2505 Rf gene 応用 1.00
1804 Rh blood group Rh血液型 人類 2.20
1829 Robertsonian translocation ロバートソン[型]転座 染色体短腕にリボソームRNA遺伝子クラスターを持つアクロセントリック染色体(ヒトの細胞では第13, 14, 15, 21, 22染色体)間での転座。二本の染色体が融合するため染色体数が一本減少する。 細胞 詳しい説明の関連語 染色体異常 4.00
1841 S allele Sアレル 植物 2.00
1843 S gene S遺伝子 植物 3.00
2692 S phase S期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 5.00
1842 SAGE SAGE法 分子 2.71
1835 SCE 【略】 SCE 1頁使い詳しく説明(主要語) 減数分裂 1.62
1836 SD 【略】 SD 0.80
1967 SINE 【略】 SINE[因子] ゲノム 3.44
1838 SNP 【略】 SNP 3.25
2648 SOS 【略】 SOS 0.00
1996 SOS repair SOS修復 分子 3.29
1997 SOS response SOS応答 分子 3.00
2036 SR factor SR因子 基礎 2.00
2037 SSCP 【略】 SSCP ゲノム 2.60
2769 SSLP 【略】 SSLP 0.00
2720 SSLP marker SSLP マーカー 分子 3.00
1840 STR 【略】 STR 1.50
2723 STRP 【略】 STRP 集団 3.00
1846 Sanger's method サンガー法 分子 3.00
1949 Shine-Dalgano sequence シャイン・ダルガノ配列 分子 3.00
1998 Southern blotting サザンブロット法 Edwin Southernにより考案された、特定のDNA塩基配列を検出するための実験手法。ゲノムDNAを制限酵素で切断後、アガロースゲルで電気泳動を行う。さらに、アルカリ液による変性処理によりDNAを一本鎖にした後ニトロセルロース膜に転写する。ニトロセルロース膜上で、確認したい塩基配列に対して相補的なDNA一本鎖にリンの放射性同位体、ジゴキシゲニン (digoxigenin, DIG)、アルカリフォスファターゼ(alkaline phosphatase, ALP)などで標識したプローブを付着させる。最終的には、膜上のプローブの有無をオートラジオグラフィーや染色などで確認する。 分子 3.75
2101 T 【略】 T【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.25
2115 T-DNA 【略】 T-DNA 植物 3.00
2116 T-DNA tagging T-DNAタッギング 植物 2.67
2865 T-band Tバンド 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 0.00
2730 TAIL PCR TAIL PCR 分子 5.00
2111 TATA box TATAボックス 分子 2.56
2112 TATA box-binding protein TATAボックス結合タンパク質 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 2.25
2741 TGS 【略】 TGS 1.00
2104 TI 【略】 TI期 詳しい説明の関連語 減数分裂 1.86
2105 TII 【略】 TII期 詳しい説明の関連語 減数分裂 1.86
2191 TUNEL TUNEL法 3.00
2731 Tam3 Tam3 分子 3.00
0 Test_Term 語句のテスト これはテスト用のレコードです 新しい説明を加えるテスト 0.00
2143 Ti plasmid Tiプラスミド 植物 3.00
2102 Tn 【略】 Tn 2.00
2192 Turner's syndrome ターナー症候群 人類 3.00
2200 U 【略】 U【ヌクレオチド塩基】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.25
2764 UAS 【略】 UAS 1.00
2212 UPGMA 【略】 UPGMA 集団 3.33
2201 UV 【略】 UV 2.00
2216 UV resistance 紫外線抵抗性 細菌 2.25
2217 UV sensitivity 紫外線感受性 細菌 2.50
2219 V-type positiom effect V型位置効果 基礎 2.00
2218 VNTR 【略】 VNTR 2.33
2241 W-chromosome W染色体 性染色体が雌で異型の場合、雌にのみ認められる性染色体をW染色体といい,雌雄双方に認められる性染色体をZ染色体という。性決定機構は,雄がZZ,雌がZWまたはZ0)。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体 3.44
2783 WAXY gene WAXY 遺伝子 分子 5.00
2242 Wahlund effect ワーランド効果 集団 3.00
2243 Wallace effect ワラス効果 進化 3.00
2244 Watson-Crick base pairing ワトソン・クリック型塩基対合 分子 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.57
2245 Western blotting ウエスタンブロット法 分子 2.78
2784 Wnt signal ウィントシグナル 動物 3.00
2254 Wright effect ライト効果 集団 3.50
2261 X linkage X連鎖 基礎 詳しい説明の関連語 連鎖 3.00
2257 X-chromatin X染色質 哺乳類のメスの体細胞核内に見られる凝集した不活性X染色体。 基礎 3.11
2258 X-chromosome X染色体 性染色体が雌で同型の場合、この性染色体をX染色体といい,雄にのみ認められる性染色体をY染色体という。性決定機構は,雌がXX,雄がXYまたはX0)。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体 4.00
2259 X-chromosome inactivation X染色体不活性化 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) ゲノムインプリンティング 3.44
2786 X-gal X-gal 分子 3.00
2787 X-gluc X-gluc 分子 3.00
2788 X-linked X連鎖 基礎 3.00
2263 X-rays X腺 基礎 3.00
2262 XO type XO型 基礎 3.00
2260 Xist RNA Xist RNA X染色体不活性化の誘導に関わる遺伝子産物で、不活性X染色体から転写されタンパク質に翻訳されずにRNAとして機能する。不活性X染色体上に局在することが知られている。 細胞 3.22
2271 Y linkage Y連鎖 基礎 詳しい説明の関連語 連鎖 2.60
2266 Y-chromatin Y染色質 基礎 2.89
2267 Y-chromosome Y染色体 性染色体が雄で異型の場合、雄にのみ認められる性染色体をY染色体といい,雌雄双方に認められる性染色体をX染色体という。性決定機構は,雌がXX,雄がXYまたはX0)。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体 3.80
2863 YAC YAC 0.00
2265 YAC 【略】 YAC 2.33
2864 Yeast Artificial Chromosome 酵母人工染色体 BAC 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 0.00
2272 Z-chromosome Z染色体 性染色体が雄で同型の場合、この性染色体をZ染色体といい,雌にのみ認められる性染色体をW染色体という。性決定機構は,雄がZZ,雌がZWまたはZ0)。 基礎 3.67
2273 Z-form DNA Z型DNA 分子 3.00
2309 abaxial 【形】 背軸側 植物 1.00
2 aberrant 【形】 異常 基礎 0.25
2310 aborive transduction 不稔形質導入 分子 1.00
5 acceptor splice site アクセプタースプライス部位 分子 2.14
6 acceptor stem 受容ステム 分子 1.83
7 accessory chromosome 副染色体 細胞 詳しい説明の関連語 染色体 2.12
8 acclimation 順化(馴化) 基礎 2.00
9 acclimatization 順化(馴化) 基礎 1.43
11 acentric 【形】 無動原体[の] 基礎 詳しい説明の関連語 染色体の部分構造 1.75
2866 acentric chromosome 無動原体染色体 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 0.00
2312 acetylation アセチル化 分子 5.00
12 achiasmata キアズマ不成 基礎 減数分裂 2.43
14 achondroplasia 軟骨形成不全(症) 人類 1.29
16 acquired character 獲得形質 生物が生得的に(遺伝的に)獲得した形質ではなく、後天的に環境との相互作用を通して獲得した形質のこと。過酷な負荷を与えることで肥大した筋肉や腱はその一例である。セントラルドグマによれば、獲得形質は遺伝しないはずであるし、獲得形質の遺伝という考えは現代進化学において明確に忌避されている。 基礎 3.44
17 acrocentric 【形】 端部動原体[の](端部着糸型[の]) セントロメアの位置が染色体の末端領域にある染色体。短腕のサイズが長腕に比べて著しく小さい。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体の部分構造 2.43
2313 acropetal 【形】 求頂的 植物 1.00
18 activator アクチベーター 分子 3.57
19 adaptability (1)適応性 (2)適応力 基礎 2.50
20 adaptation 適応 生物学や生態学においては、ある環境に対して有利な形質をもっている状態を指す。 基礎 3.50
21 adaptationism 適応主義 進化 2.00
22 adaptive divergence 適応分岐 進化 3.00
2314 adaptive immune system 適応免疫系 免疫 1.00
23 adaptive landscape 適応地形 進化 1.80
24 adaptive peak 適応の峰 進化 2.50
25 adaptive radiation 適応放散 進化 3.00
2315 adaptive radiation 適応放散 進化 5.00
26 adaptive significance 適応的意義 進化 2.00
27 adaptive value 適応値 集団 3.40
33 adavantageous mutation 有利な[突然]変異 基礎 1.67
2316 adaxial 【形】 向軸側の 植物 1.00
2540 adaxial-abaxial polarity 向背軸極性 植物 5.00
2561 additive effect 相加的効果 基礎 5.00
28 additive genetic effect 相加的遺伝子効果 応用 3.00
29 additive genetic variance 相加的遺伝分散 応用 3.00
30 adenine アデニン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.40
31 adenosine アデノシン 分子 3.00
2317 adenylyl cyclase アデニル酸シクラーゼ 分子 3.00
32 adjacent disjunction 隣接分離 基礎 2.67
2600 affected sib-pair analysis 罹患同胞対解析 集団 3.00
36 agamogamy 無配偶子生殖 基礎 3.00
37 agamospermy 無融合種子形成 基礎 3.00
38 agouti アグーチ 毛の1本が、黒:黄色:黒の縞模様となる毛色(マウスの場合) 動物 3.00
39 albinism (1)白化現象 (2)白化 基礎 2.33
40 albino 白化個体(アルビノ) 基礎 3.00
41 alkaptonuria アルカプトン尿症 人類 2.71
2602 alkylating agent アルキル化剤 1.00
42 allele アレル 特定の座位における、ゲノムセグメント(特定の塩基や遺伝子を含む)の種内異型 主要語、最重要 基礎 locus 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 4.60
43 allele frequency アレル頻度 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子プール 4.00
44 allelic character アレル性形質 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 3.75
45 allelic complementation アレル相補性 基礎 詳しい説明の関連語 相補 2.67
46 allelic exclusion アレル排除 基礎 3.00
47 allelism アレル性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 3.00
48 allelism test アレル性検定 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) アレル 3.75
49 allelomorph アレルモルフ 基礎 詳しい説明の関連語 アレル 2.67
2815 allelotype アレル型 主要語、重要 allele 0.00
51 allochronic species 異時性種 進化 3.00
52 allodiploid 異質二倍体 基礎 倍数体 2.50
53 allogamy 他家生殖 基礎 3.33
54 allogenic 【形】 同種[異系]間 基礎 2.00
55 allometry 相対成長 基礎 2.60
56 allopatric 【形】 異所性 進化 2.20
57 allopatric speciation 異所的種分化 進化 3.00
2318 alloplasm 異種細胞質 基礎 5.00
2319 alloplasmic line 異種細胞質置換系統 基礎 3.00
58 allopolyploid 異質倍数体 細胞 3.00
59 allopolyploidy 異質倍数性 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 相互作用する因子 3.75
2279 allosteric protein アロステリックタンパク質 分子 5.00
60 allosyndesis 異親対合 基礎 2.29
2527 allotetraploid 異質4倍体 基礎 5.00
2603 allotype アロタイプ 基礎 3.00
61 allozygote アロ接合体 基礎 2.50
62 allozyme アロザイム 2.71
63 alternate disjunction 交互分離 基礎 3.00
64 alternation of generation 世代交代 生活環の中で生殖様式が周期的に変わること。主に植物でみられ、無性生殖世代(胞子体)と有性生殖世代(配偶体)が交代する 基礎 4.14
65 alternation of nuclear phase 核相交代 基礎 4.00
66 alternative RNA splicing 選択的RNAスプライシング 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.56
2604 alternative splicing 選択的スプライシング 遺伝子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 5.00
67 altruism 利他現象 進化 3.00
69 amber mutation アンバー[突然]変異 分子 詳しい説明の関連語 変異 3.00
70 ameiosis 不減数分裂 基礎 詳しい説明の関連語 減数分裂 2.50
72 amino acid アミノ酸 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 3.60
73 amino acid sequence アミノ酸配列 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 3.00
74 amino terminus 【pl.】 amino termini アミノ末端 分子 3.00
75 aminoacyl-tRNA アミノアシルtRNA 分子 3.25
76 amitosis 無糸分裂 基礎 細胞分裂の機構 1.83
77 amorph アモルフ 基礎 3.29
2320 amphidiploid 複二倍体 倍数体 5.00
78 amphimixis 融合生殖 基礎 2.60
2321 amphiplasty アンフィプラスティー 細胞 3.00
79 amplicon 単位複製配列 分子 詳しい説明の関連語 複製 3.29
80 amplified fragment length polymorphism 増幅断片長多型 技術的には、制限酵素で切断したDNA断片の一部を、PCRによって増幅することにより、きわめて感度の高い多型の検出を可能にした手法。ゲノムの異なった領域の多型を同時に検出することが可能であり、ゲノムレベルでの近縁の生物間の比較やQTL解析に威力を発揮する。 集団 4.14
81 anagenesis 向上進化 進化 2.33
82 analogous organ 相似器官 進化 3.67
84 ananphase I 減数第一分裂後期 基礎 詳しい説明の関連語 減数分裂 2.33
83 anaphase 後期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.89
85 anaphase II 減数第二分裂後期 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 減数分裂 2.33
2322 anaphase promoting complex M期後期進行複合体 分子 詳しい説明の関連語 細胞分裂の機構 3.00
86 ancestral 【形】 祖先 基礎 1.14
2323 andoroecium 雄ずい群 植物 5.00
87 androdioecy 雄性両全異株性 植物 3.00
88 androgenesis 雄核発生 精子由来ゲノムのみによる胚形成。受精後に何らかの原因により卵由来ゲノムが脱落する事により起こる。 基礎 3.22
89 andromonoecy 雄性両全同株性 植物 3.00
90 aneuploid 異数体 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 3.80
91 aneuploidy 異数性 種に特有の染色体基本数 ( x) の整数倍より染色体数が1個ないし数個多いか少ない状態。その様な細胞または個体を異数体という。染色体の数の異常のひとつ。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 3.67
92 anisogamete 異型配偶子 基礎 3.67
101 anitisense 【形】 アンチセンス 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.20
93 annealing アニーリング 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) ハイブリダイゼーション 3.89
2577 annual 【形】 一年生 植物 1.00
94 antagonistic pleiotropy theory 拮抗的多面発現説 2.50
95 antennapedia complex アンテナペディア遺伝子群 基礎 2.29
2324 anther 植物 3.00
96 anther culture やく(葯)培養 花粉形成初期の葯を培地に置床し、半数性植物体を誘導する方法。誘導した半数体は、倍加処理する倍加半数体育種に利用される。-- Main.KenichiNonomura - 2011-12-27 植物 2.00
97 antibody 抗体 免疫反応において、抗原の刺激により生体内に作られ抗原と得意的に結合するタンパク質の総称 基礎 3.67
2605 anticlinal division 垂層分裂 植物 5.00
98 anticodon アンチコドン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 4.40
99 antigen 抗原 免疫反応を誘起し得る物質の総称。タンパク質や多糖、それらの複合体、脂質との複合体など 基礎 3.67
100 antimorph アンチモルフ 基礎 3.00
2606 antioncogene がん抑制遺伝子 人類 詳しい説明の関連語 遺伝子 3.00
2562 antipodal cell 反足細胞 植物 2.00
102 antisense DNA strand アンチセンスDNA鎖 分子 2.25
103 antisense RNA アンチセンスRNA RNAは、DNAを鋳型として5’ -> 3’方向へ合成されるため鋳型とならないDNAと同じ方向であり、それをセンスRNAと呼ぶ。アンチセンスRNAはセンスRNAと逆方向のRNAを指す 分子 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.50
104 apogamy 無配生殖 基礎 2.67
105 apomixis 無配偶生殖(アポミキシス) 基礎 3.33
106 apomorphic 【形】 子孫形質 進化 1.00
107 apomorphy 子孫形質状態 進化 2.00
108 apoptosis アポトーシス 多細胞生物における、積極的かつ制御された方法でもたらされる細胞の死。形態形成や恒常性の維持などの過程において、不必要な細胞を除くのに重要な役割を果たす。 分子 3.75
109 aporepressor 主抑制体(アポリプレッサー) 分子 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 3.00
110 apostatic selection 異端選択 進化 3.00
111 aptamer アプタマー 分子 3.40
2326 arm ratio 腕比 細胞 3.00
112 arms race 軍拡競争 進化 1.40
113 arrhenotoky 雄性産生単為生殖 基礎 3.00
114 artificial chromosome 人工染色体 分子 3.25
115 artificial mutation 人為[突然]変異 基礎 3.00
116 artificial selection 人為選択 基礎 3.38
2328 ascertainment bias 確認バイアス 集団 1.00
117 ascospore 子嚢胞子 菌類 1.86
118 ascus 【pl.】 asci 子嚢 菌類 1.57
119 asexual 【形】 無性 基礎 1.50
120 asexual generation 無性世代 基礎 3.33
121 asexual reproduction 無性生殖 基礎 3.33
2329 association mapping アソシエーションマッピング 1.00
123 association study 関連性解析 ゲノム 3.00
124 assortative mating 同類交配 基礎 交配 2.20
2330 atavism 先祖返り 進化 3.00
126 attached chromosome 付着染色体 細胞 2.86
127 attenuation 転写減衰 微生物 3.00
128 autoapomorphic character 固有子孫形質 進化 3.00
129 autogamy 自家生殖 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 4.14
2331 autogenous regulation 自己制御 分子 1.00
130 automated DNA sequencer 自動DNA配列決定装置 分子 詳しい説明の関連語 DNA配列決定 1.78
131 automixis 自家生殖(オートミキシス) 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 3.33
2332 autonomous element 自律[性]因子 分子 5.00
2333 autonomous element 自律[性]因子 3.00
132 autonomously replicating sequence 自律複製配列 分子 3.00
2334 autophagosome オートファゴソーム 1.00
2335 autophagy オートファジー 1.00
133 autopolyploid 同質倍数体 基礎 2.50
134 autopolyploidy 同質倍数性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 2.38
2336 autoradiography オートラジオグラフィー 分子 5.00
2337 autoregulation 自己制御 分子 1.00
2607 autoregulator オートレギュレーター 1.00
135 autosomal 【形】 常染色体 基礎 詳しい説明の関連語 染色体 1.90
136 autosome 常染色体 性染色体(XとY染色体あるいはZとW染色体)以外の染色体。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体 4.00
137 autosyndesis 同親対合 基礎 2.67
138 autotetraploid 同質四倍体 基礎 3.00
139 autozygote オート接合体 基礎 3.40
2338 auxotroph 栄養要求性[突然]変異体 基礎 1.00
140 auxotrophic mutation 栄養要求性[突然]変異 3.57
141 average heterozygosity 平均異型接合度 集団 2.50
2543 axillary bud 腋芽 植物 3.00
2563 axillary meristem 腋芽分裂組織 植物 5.00
142 azoospermia 無精子症 人類 2.20
147 back mutation 復帰[突然]変異 [突然]変異をもった系統の中から、機能の回復したものが現れること。例えば、トランスポゾンの挿入による変異では、これが失われることによって生じる。 基礎 3.33
146 backcross (1)戻し交配 (2戻し)交雑 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 交配 4.56
148 bacterial artificial chromosome バクテリア人工染色体 分子 3.25
149 bacterial conjugation 細菌の接合 微生物 2.86
150 bactriophage バクテリオファージ 細菌に感染するウィルスの総称。 微生物 4.00
2339 bait ベイト 分子 5.00
151 balanced hypothesis 平衡仮説 集団 3.00
152 balanced lethal system 平衡致死系 基礎 2.50
153 balanced load 平衡荷重 集団 3.00
154 balanced polymorphism 平衡多型 集団 3.00
155 balanced selectiom 平衡選択 集団 3.40
156 balanced stock 平衡系統 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 2.00
157 balancer chromosome バランサー染色体 その中に含まれている逆位によって、相同染色体間で組換えを抑制することができる染色体。ホモ接合体を維持するのが難しい変異は、これを利用してヘテロ接合体の系統として維持することができる。 基礎 3.75
160 banding pattern (1) 横じま(縞)模様 (2)分染パターン【染色体の】 細胞 2.60
2340 basal transcription factor 基本転写因子 基礎 詳しい説明の関連語 重要な分子 0.00
2608 basal transcription factor 基本転写因子 分子 詳しい説明の関連語 重要な分子 5.00
162 base 塩基 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.60
163 base analogue 塩基類似体 分子 2.25
164 base composition 塩基組成 分子 3.00
2609 base modification 塩基修飾 分子 3.00
165 base pair (1)塩基対、(2)塩基対【単位】 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.80
167 base pair mismatch 不適正塩基対 分子 2.10
168 base pair substitution 塩基対置換 分子 2.56
169 base sequence 塩基配列 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 2.75
2610 base substitution 塩基置換 基礎 1.00
2341 base substitution 塩基置換 分子 3.00
170 base substitution mutation 塩基置換[突然]変異 分子 2.89
166 base-pairing rule 塩基対合則 分子 2.43
171 basic number 基本数【染色体の】 倍数体シリーズの中で染色体数のもっとも少ない単数性の染色体数。xで示す。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 3.00
172 basidiospore 担子胞子 菌類 2.00
173 basidium 【pl.】 basidia 担子器 菌類 1.67
2611 basipetal 【形】 求基的・求底的 植物 1.00
2342 bayesian methods ベイズ法 基礎 5.00
175 behavioral genetics 行動遺伝学 形質としての行動と、その要因としての遺伝子との関連性を示す学問領域。 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.44
2343 binary vector バイナリーベクター 分子, 植物 2.00
178 binding site 結合部位 分子 1.88
179 biochemical evolution 生化学的進化 進化 2.33
2612 biochemical genetics 遺伝生化学 基礎 1.00
180 biochemical genetics 生化(学的)遺伝学 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.33
2344 biodiversity 生物多様性 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 4.00
2512 biohazard バイオハザード 基礎 3.00
2280 bioinformatics 生物情報学(バイオインフォマティックス) 基礎 1.00
182 biological clock 生物時計 3.25
183 biological containment 生物学的封じ込め 遺伝子組換実験における生物学的災害を防止する手法の一つ。自然環境下において生存能力が低い宿主とベクターを用いることにより、組換え体が外部に漏れた場合でも生存できないようにすることを指す。対をなす対策として、物理学的封じ込めが挙げられる。 基礎 4.14
184 biological control 生物学的防除 基礎 2.67
185 biological rhythm 生物リズム(バイオリズム) 基礎 3.00
186 biological species concept 生物学的種概念 進化 3.33
187 biometrical genetics 生物統計遺伝学 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 3.12
2345 biometrics 生物計測学 集団 1.00
188 biometry 生物計測学 基礎 3.38
189 bioresource 生物遺伝資源 動植物個体、細胞株、遺伝子材料、微生物材料などの実験材料を含む生物資源。 基礎 3.50
190 biotechnology 生物工学(バイオテクノロジー) 基礎 3.44
191 biotinylated-DNA ビオチン化DNA 分子 1.62
192 biparental transmission 二親性伝達 基礎 2.67
193 bisexual 【形】 両性 基礎 2.67
2346 bisexual flower 両性花 基礎 3.00
194 bisexual reproduction 両性生殖 基礎 3.00
195 bithorax complex バイソラックス遺伝子群 基礎 3.12
2613 bivalent (1)二価(2)二価染色体 減数分裂第一分裂前期(接合期)から中期にかけて,2個の相同染色体が対合した染色体像をいう。各染色体には2個の染色分体があるので,二価染色体は4個の染色分体から成る。通常少なくとも1個のキアズマが観察される。 基礎 5.00
198 blending inheritance 融合遺伝 基礎 2.50
199 blood group 血液型 人類 2.43
200 blood type 血液型 人類 2.57
2347 blunt end 平滑末端 分子 3.00
2614 blunt-end DNA 平滑末端 1.00
201 blunt-end DNA 平滑末端DNA 分子 2.78
2615 bootstrap value ブートストラップ値 基礎 4.00
202 bottle neck effect 瓶首効果 集団遺伝学上の概念であり、集団の大きさが一時的に(氷河期など環境の過酷化などより)激減することにより、遺伝的浮動の効果が大きくなり、進化的に中立な対立遺伝子が固定(あるいは消失)しやすくなって、集団の遺伝的な均一化が促進されること。 集団 3.75
203 bouquet stage 花束期 細胞 3.00
2281 bouquet structre 花束期構造 植物 3.00
144 bp 【略】 bp【単位】 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.25
204 brachyury 短尾 動物 2.33
205 bradytely 緩進化 進化 3.00
206 breakage-fusion-bridge cycle 切断融合架橋サイクル 植物 3.00
2348 bred-true 純系 1.00
207 breed 品種 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 2.25
208 breeder's seed 原原種【植物】 応用 1.67
209 breeder's stock 原原種 応用 1.67
210 breeding 育種 応用 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 4.43
211 breeding system 繁殖様式 基礎 2.75
212 breeding value 育種値 応用 2.60
213 broad-sense heritability 広義の遺伝率 対象とする形質における遺伝的要因の関与する度合いを示す尺度であり、集団中の個体間の違いが遺伝子型による度合いを表す。問題とする形質の集団内における測定値の全分散における遺伝子型の違いに基づく分散の割合として計算する。 主要語、重要 応用 1頁使い詳しく説明(主要語) 浸透度 2.83
215 brood 同腹 基礎 2.67
216 brood size 一腹子数 基礎 1.80
217 brother-sister mating 同胞交配(兄妹交配) 基礎 詳しい説明の関連語 交配 2.67
221 cDNA 【略】 cDNA メッセンジャーRNAから逆転写酵素によって合成される相補的なDNA。成熟RNAからのcDNAは、イントロンを含まないため、遺伝子産物の様々な解析に用いられる。 詳しい説明の関連語 セントラルドグマ 3.67
2350 cDNA 相補[的]DNA ゲノム 3.00
222 cM 【略】 cM【単位】 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 3.00
232 calico cat 三毛猫 黒、白、茶の3色の毛色を持つネコで、そのほとんどは雌である。性染色体であるX染色体上の遺伝子座が身体の部位によって不活性化されたりされなかったりすることで、茶色と黒の斑点が生まれる。 動物 X-chromosome inactivation 2.43
2616 callus カルス 植物 5.00
2617 calyx 植物 3.00
2282 cambium 形成層 植物 5.00
233 canalization 道づけ 基礎 2.00
234 cancer がん 基礎 2.89
235 candidate gene 候補遺伝子 ゲノム 詳しい説明の関連語 遺伝子 1.60
236 canonical sequence 標準配列 分子 詳しい説明の関連語 共通配列 2.14
237 cap キャップ【RNAの】 分子 2.29
238 carboxyl terminus 【pl.】 carboxyl termini カルボキシル末端 分子 3.25
239 carcinogen (1)がん原[性]物質 (2)発がん要因 基礎 3.00
240 carcinogenicity 発がん性 基礎 2.75
2618 carpel 心皮 植物 5.00
241 carrier 保因者 基礎 3.75
242 cassete mechanism カセット機構 分子 2.25
243 catabolite activator protein カタボライト活性化タンパク質 微生物 1.71
244 catabolite repression カタボライト抑制 微生物 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 2.71
246 cell 細胞 基礎 3.00
248 cell biology 細胞生物学 細胞 3.29
2564 cell cycle 細胞周期 基礎 5.00
249 cell division 細胞分裂 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 3.80
2351 cell fusion 細胞融合 基礎 4.00
251 cell hybrid 細胞雑種 細胞 3.50
252 cell line 細胞系[統] 細胞 3.00
2565 cell lineage 細胞系譜 基礎 5.00
253 cell strain (1)細胞系統 (2)細胞株 1頁使い詳しく説明(主要語) 種、系統、株 3.29
247 cell-autonomous 【形】 細胞自律性 基礎 2.57
250 cell-free translation system 無細胞翻訳系 分子 3.00
254 centimorgan センチモルガン【単位】 染色体の遺伝[的]距離の単位。100個体の子孫のうち1個体に組み替えが起こる距離。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 4.00
2566 central cell 中央細胞 1.00
255 central dogma セントラルドグマ 1頁使い詳しく説明(主要語) セントラルドグマ 4.40
256 centric fission 動原体解離 細胞 1.75
257 centric fusion 動原体融合 細胞 2.25
258 centriole 中心粒(中心小体) 3本の微小管からなる9組が円筒状に並んでできる細胞小器官で、2個が互いに直交して中心体の中央に存在する。細胞分裂にともなって、これは複製される。 細胞 3.75
259 centromere セントロメア 細胞分裂時に細胞の両極から伸張した紡錘糸が連結する染色体上の特定領域。細胞分裂期の染色体では2本の染色分体が結合したくびれとして観察される。 主要語、重要 基礎 kinetochore 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 4.60
260 centromeric DNA セントロメアDNA 染色体分配の際に、紡錘体微小管が結合する染色体の特殊領域を動原体と呼ぶが、動原体が形成されるゲノム領域を構成するDNAのこと。 主要語、重要 基礎 3.89
261 centrosome 中心体 動物細胞や一部の植物(コケ、シダ、ソテツなど)細胞にみられる細胞小器官。核周辺にあり、細胞分裂期に備えて複製された2個は、前中期以降は細胞の対極に位置し、紡錘体の紡錘糸形成を調節する。 主要語、最重要 基礎 4.25
2352 certation 花粉競争 1.00
262 chain-initiating codon 読始めコドン 分子 詳しい説明の関連語 コドン 2.25
263 chain-terminating codon 読終わりコドン 分子 詳しい説明の関連語 コドン 2.25
264 character 形質 主要語、重要 基礎 trait 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子型 3.00
265 character displacement 形質置換 進化 2.60
266 character state 形質状態 進化 2.00
267 check point チェックポイント 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 細胞分裂の機構 4.44
268 chemical mutagen 化学的[突然]変異原 詳しい説明の関連語 変異 2.70
2353 chemotaxis 走化性 細菌 1.00
272 chi-sites カイ部位 分子 3.00
2355 chi-square test カイ二乗検定 基礎 5.00
269 chiasma 【pl.】 chiasmata キアズマ 減数分裂第1分裂前期の接合期に,対合した相同染色体の非姉妹染色分体同士が交差してX字型になった箇所。キアズマの部分で相同染色体間の遺伝的組換えが起こるとされている。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 減数分裂 4.20
2354 chiasma frequency キアズマ頻度 細胞 減数分裂 3.00
270 chiasma-type theory キアズマ型説 基礎 減数分裂 2.33
271 chimera キメラ 2つ以上の接合子(互いに遺伝的性状が異なる)に由来する細胞群から構成される個体。 基礎 4.11
2426 chloroplast DNA 葉緑体DNA 0.00
273 chloroplast DNA 葉緑体DNA 植物 2.88
274 chloroplast mutation 葉緑体[突然]変異 植物 1.57
275 chlorosis 白化 植物 2.20
2356 chondrion コンドリオン 1.00
276 chromatid 染色分体 細胞分裂終了後、染色体DNAはS期で複製され、1本の2重らせんDNAから2本2重らせんDNAが生じる。次の細胞分裂期にはそれぞれが染色分体として現われる。つまり、細胞分裂期の染色体は2本の染色分体から成り、セントロメアで結合した形になっている。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 4.33
277 chromatin 染色質(クロマチン) 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造、染色体 4.33
278 chromatin diminution 染色質削減 細胞 2.50
2357 chromatin fiber クロマチン繊維 1.00
279 chromatin immunoprecipitation クロマチン免疫沈降法 クロマチンに転写因子など目的のタンパクが結合している細胞を材料とした免疫沈降実験。転写因子などのゲノムDNA上の結合部位を同定することを目的として行う。 分子 3.75
280 chromocenter 染色中心 基礎 2.71
281 chromomere 染色小粒 基礎 2.71
282 chromonema 【pl.】 chromonemata 染色糸 細胞 3.00
283 chromosomal complement 染色体組 基礎 2.71
284 chromosomal mutation 染色体[突然]変異 遺伝子やDNAレベルでの変化に対して,染色体レベルでの変化をいう。染色体異常と同義。 基礎 詳しい説明の関連語 染色体異常 3.00
285 chromosomal polymorphism 染色体多型 集団 3.00
286 chromosome 染色体 真核生物の細胞分裂の際,核内にあったDNAが各種タンパク質とともに凝縮してできた塩基性色素で染色される棒状の構造体をいう。しかし最近は,分裂期に限らず間期核にあるDNAや,原核生物のDNA,葉緑素やミトコンドリアに含まれるDNAをも,総じて染色体ということがある。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体 4.60
287 chromosome aberration 染色体異常 染色体の数および構造上の変化をいう.遺伝子[突然]変異に対して染色体[突然]変異ともいう。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 3.67
288 chromosome arm 染色体腕 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体の部分構造 3.20
289 chromosome banding 染色体分染 染色体の縦軸方向に沿って人為的に横縞模様を検出させること。個々の染色体の分染パターンは特有なので,これを基にして各染色体を正確に同定,分類することができ,構造異常も詳しく解析することができる。Q染色法,G染色法,R染色法,C染色法などがある。 細胞 2.78
2800 chromosome break 染色体切断 細胞 0.00
290 chromosome condensation 染色体凝縮 M期になると、間期細胞核の状態より凝縮した染色体構造が出現する。染色体凝縮には、コンデンシンと呼ばれるタンパク質複合体が関わっている。 細胞 3.44
291 chromosome disjunction 染色体分離 複製された染色体は、M期が終わるまでは、束ねられているが、分裂後期には、1本ずつ娘細胞へと分配される。この際、染色体が分離することを染色体分離と呼ぶ。 基礎 3.60
292 chromosome doubling 染色体倍加 細胞 2.75
2358 chromosome elimination 染色体削減 細胞 3.00
2795 chromosome heteromorphism 染色体異形性 細胞 0.00
293 chromosome map 染色体地図 染色体上の各遺伝子の座位を示した地図で、遺伝地図と細胞学的地図を合わせていう。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体地図 3.67
294 chromosome non-disjunction 染色体不分離 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 3.60
295 chromosome number 染色体数 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 3.40
296 chromosome painting 染色体彩色 細胞 3.00
297 chromosome pairing 染色体対合 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 減数分裂 4.00
298 chromosome rearrangement 染色体再構成 細胞 3.00
299 chromosome replication 染色体複製 DNAは、細胞周期のS期の過程で複製されるが、真核生物では、DNAと相互作用しているヒストンタンパク質も同時に取り込まれる。この過程を染色体複製と呼ぶ。 基礎 詳しい説明の関連語 複製 3.67
300 chromosome scaffold 染色体骨格 細胞 2.71
301 chromosome substitution 染色体置換 細胞 2.67
302 chromosome walking 染色体歩行 分子 2.78
303 circadian rhythm 概日リズム 基礎 3.00
304 circular DNA 環状DNA 分子 3.00
310 cis, trans position effect シス-トランス位置効果 基礎 3.00
305 cis-acting locus シス作用性遺伝子座[位] 分子 詳しい説明の関連語 3.86
306 cis-arrangement シス配置 分子 1.17
307 cis-configuration シス配置 基礎 2.67
308 cis-dominance シス顕性 分子 3.00
2283 cis-eQTL シスeQTL ゲノム expression Quantitative Trait Locus 詳しい説明の関連語 3.00
309 cis-regulatory element シス制御因子 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子の構造 3.50
311 cistron シストロン 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝子の構造 3.29
312 clade クレード 進化的な系統関係において、注目する階層性において、ひとかたまりとなるOTUs (Operational Taxsonomic Unit)sの一群。系統樹が構築されている場合には、ある枝分岐点から末端に向かうすべてのOTUのかたまりのこと。 進化 3.50
313 cladistics 分岐学 進化 2.67
314 cladogenesis 分岐進化 進化 3.00
315 cladogram 分岐図 進化 2.67
316 classical hypothesis 古典仮説 集団 2.00
422 cleaved amplified polymorphic sequence 切断後増幅多型配列 0.00
318 clinical genetics 臨床遺伝学 人類 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.00
319 clonal analysis クローン解析 2.20
320 clonal selection クローン選択 3.00
321 clone クローン 生物個体の一部から無性生殖により誕生した遺伝的に同一の個体。もともとは植物における挿木の意味であったが、動物においては受精卵クローンや体細胞クローンがつくられている。 4.33
322 cloning (1)クローン化 (2)クローン生物作成 3.89
323 cloning vector クローニングベクター 分子 3.25
324 cloverleaf structure クローバー葉構造 分子 2.43
325 co-dominance 共顕性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 3.67
326 co-dominant 【形】 共顕性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 2.78
327 co-transduction 同時[形質]導入 細菌 2.71
328 coadaptation 共適応 進化 3.40
329 coalescence コアレセンス 進化 3.00
330 coat color 毛色 動物 1.17
2360 coat protein 外被タンパク質 分子 3.00
331 code 暗号(コード) 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 2.90
332 coding 暗号化(コーディング) 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コード/非コード 2.38
333 coding sequence 暗号化配列(コード配列) 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コード/非コード 4.00
334 coding strand 暗号化鎖(コード鎖) 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コード/非コード 3.44
335 codon コドン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 4.60
336 codon bias コドンバイアス 分子 3.00
2361 codon usage コドン使用 ゲノム 5.00
337 codon usage コドン使用頻度 アミノ酸をコードするコドンには縮重のため冗長性がある。どのコドンがとぐのくらいの頻度用いられるかはランダムであってもよいような気がするが、実際にはコドンの使用頻度には生物種によって明確に偏りがある。このことは組み換え実験等で他の生物の遺伝子を発現させる場合、大きな意味を持ってくる。 分子 3.22
338 coefficient of coincidence 併発係数 基礎 3.40
2362 coefficient of consanguinity 近親係数 集団 1.00
339 coefficient of consanguinity 親縁係数 集団 2.25
340 coefficient of genetic determination 遺伝的決定度 3.00
341 coefficient of inbreeding 近交係数 1.40
342 coefficient of kinship 親縁係数 集団 2.20
343 coefficient of relatedness 血縁度 集団 2.50
344 coefficient of selection 選択係数 0.67
2620 coenocyte 多核体 基礎 1.00
345 coevolution 共進化 進化 3.29
346 cognate tRNA 同族tRNA 分子 2.33
2621 cohesin コヒーシン 分子 4.00
2363 cohesive end 粘着末端 分子 2.00
347 coisogenic コアイソジェニック 基礎 2.86
350 colchicine コルヒチン 基礎 2.78
351 colicin コリシン 細菌 2.38
352 coliphage 大腸菌ファージ 細菌 1.83
353 colony コロニー 細菌 2.75
354 colony hybridization コロニーハイブリッド法 細菌 詳しい説明の関連語 ハイブリダイゼーション 2.75
355 color blindness 色弱 人類 3.57
356 combining ability 組合わせ能力 応用 2.60
357 common ancestor 共通祖先 基礎 詳しい説明の関連語 共通配列 1.57
2307 comparative genomic hybridization 比較ゲノムハイブリッド形成 基礎 詳しい説明の関連語 ハイブリダイゼーション 1.00
358 competence 受容能 細菌 2.71
359 competent cell 受容能力を持つ細胞 細菌 3.29
360 competition 競争 基礎 1.57
2622 complement 補体 動物 0.00
361 complementarity 相補性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 相補 2.75
362 complementary 【形】 相補的 基礎 詳しい説明の関連語 相補 2.11
364 complementary DNA 相補[的]DNA 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 相補 3.30
363 complementary base sequence 相補的塩基配列 分子 詳しい説明の関連語 相補 3.57
365 complementary gene 補足遺伝子 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝子 2.67
366 complementation 相補性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 相補 4.50
367 complementation group 相補群 基礎 詳しい説明の関連語 相補 3.25
368 complementation test 相補性検定 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 相補 4.25
369 complex locus 【pl.】 complex loci 複合座[位] 基礎 詳しい説明の関連語 3.00
2364 complex trait 複雑な形質 集団 3.00
370 compoud chromosome 複合染色体 基礎 3.00
371 concatemer コンカテマー 分子 2.50
2365 concerted feedback inhibition 強調的フィードバック阻害 応用 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 3.00
373 concordance 一致【双生児間の】 人類 3.00
2366 concordant 【形】 一致 集団 1.00
2568 condensin コンデンシン 分子 5.00
2623 conditional lethal 条件致死 基礎 3.00
374 conditional mutation 条件[突然]変異 基礎 3.86
375 congenic strain 類遺伝子系統 基礎 詳しい説明の関連語 種、系統、株 3.00
376 congenital 【形】 先天性 人類 2.67
377 conidium 【pl.】 conidia 分生子 菌類 2.60
378 conjugation 接合 異なる性を持つ細胞が融合する事により、DNAの移送や核の融合を行う現象。 細菌 4.00
379 consanguineous 【形】 (1)血族 (2)近親 人類 2.20
2624 consanguinity 近親性 集団 1.00
380 consensus sequence 共通配列(コンセンサス配列) ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) 共通配列 4.33
372 conserted evolution 協調進化 進化 3.67
381 conservative substitution 保守的置換 集団 3.67
2538 conserved noncoding sequence 保存的非コード配列 分子 詳しい説明の関連語 コード/非コード 5.00
382 conserved sequence 保存配列 ゲノム 1頁使い詳しく説明(主要語) 共通配列 3.75
383 consomic strain コンソミック系統 表現型における特定の染色体の効果を見るために、ある系統の一対の染色体が別の系統の染色体と置換された系統。 Inbred strain 詳しい説明の関連語 種、系統、株 3.40
384 conspecies 同種 基礎 1.40
2569 constitutive expression 構成的発現 分子 5.00
385 constitutive gene 構成遺伝子 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝子 3.33
386 constitutive heterochromatin 構成異質染色質 基礎 詳しい説明の関連語 染色体の部分構造 2.75
387 constriction 狭さく(くびれ) 細胞 2.33
388 containment 封じ込め 基礎 3.00
389 contig コンティグ ゲノム構造の解析や長鎖の塩基配列解読などの際に、ゲノムライブラリーの個々のベクターの一部あるいは全部の塩基配列情報の相同性を利用して、複数のベクターを重ねあわせて特定のゲノム部位、あるいは塩基配列を再構築して表示したもの。 ゲノム 3.67
390 continuous character 連続形質 応用 2.67
391 controlling element 調節因子 3.57
392 convergent evolution 収束進化 進化 3.86
393 coordinate regulation 協調制御 2.33
395 copia コピア 3.29
396 copy choice 選択模写 3.33
2513 copy number コピー数 3.00
397 copy number variation コピー数の多様性 ゲノム 2.57
398 core DNA コアDNA 分子 2.20
2588 core collection コアコレクション 基礎 3.00
399 corepressor 補抑制体(コリプレッサー) 細菌 詳しい説明の関連語 相互作用する因子 3.00
2514 corolla 花冠 植物 3.00
400 correlated response 相関反応 基礎 2.00
2515 correlation coefficient 相関係数 基礎 3.00
2626 cos 粘着末端 分子 1.00
402 cos site cos部位 分子 2.75
401 cosmid コスミド 遺伝子組み換えベクターの一種。ラムダファージが大腸菌に感染する際に必要なCos配列を持ち、50kb程度の塩基配列をクローニングすることができる。 分子 3.22
403 cost of males 雄のコスト 進化 3.00
404 cost of meiosis 減数分裂のコスト 進化 2.17
405 cost of natural selection 自然選択のコスト 進化 2.00
406 cost of sexual reproduction 有性生殖のコスト 進化 2.60
2627 cotransformation 同時形質転換 分子 詳しい説明の関連語 形質転換 3.00
409 counter-evolution 対抗進化 進化 3.00
408 counteracting selection 対抗選択 進化 3.00
410 coupling 相引 基礎 2.50
411 courtship behavior 求愛行動 交尾相手の獲得・選択のために発達した行動。クジャクの雄が大きく美しい羽根を広げて行う求愛ダンスや、イトヨのジグザグダンスなど、様々な種で求愛行動が観察される。 動物 2.00
224 cpDNA 【略】 cpDNA 1.43
416 cris-cross inheritance 十字遺伝 基礎 2.40
417 cross (1)交配 (2)交雑 主要語、重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 交配 4.00
421 cross streak test 交さ培養検定 2.50
418 cross-fertilization 他家受精 基礎 2.43
419 cross-inconpatibility 交雑不和合性 植物 2.50
423 cross-over value 交差値(乗換え値) 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 連鎖 3.75
420 cross-pollination 他家受粉 植物 2.33
2367 crossing-over 交差(乗換え) 相同染色体の間で、非姉妹染色分体の一部分が相互交換される現象 主要語、重要 細胞 recombination 1頁使い詳しく説明(主要語) 組換え 1.00
424 crown gall クラウンゴール 植物 2.33
425 cryptic gene 潜在遺伝子 分子 詳しい説明の関連語 遺伝子 3.00
426 cryptic species 隠蔽種 進化 2.60
427 cultivar 栽培品種 植物 2.20
428 culture (1)栽培 (2)飼育 (3)培養 基礎 2.75
429 cutting 挿木 植物 1.50
432 cybrid 細胞質雑種 植物 2.60
2369 cyclic AMP サイクリックAMP 基礎 3.00
2628 cyclic AMP サイクリックAMP 分子 5.00
2406 cyclic AMP responsive element サイクリックAMP応答配列 分子 0.00
2370 cycline サイクリン 分子 5.00
2629 cycline-dependent kinase サイクリン依存性リン酸化酵素 分子 3.00
433 cystic fibrosis 膿胞性線維症 人類 2.33
434 cytogenetics 細胞遺伝学 染色体がDNA,遺伝子の担荷体であることを前提に,染色体の構造,機能,行動を研究することで,様々な遺伝現象(遺伝のしくみ,多様性)を研究する学問領域。 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝学 3.11
2371 cytokinesis 細胞質分裂 基礎 3.00
2630 cytokinesis 細胞質分裂 3.00
435 cytological map 細胞学的地図 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体地図 3.29
2631 cytology 細胞学 5.00
2372 cytoplasm 細胞質 3.00
436 cytoplasmic inheritance 細胞質遺伝 細胞核に存在する染色体の挙動に由来した遺伝様式(メンデル遺伝)に対し、細胞質に存在するミトコンドリアや葉緑体などの細胞内小器官に由来する遺伝様式。一方の親の形質が子に伝わる。 基礎 メンデルの法則 3.60
437 cytoplasmic male sterility 細胞質雄性不ねん 植物 3.00
438 cytoplasmic petite 細胞質型プチ 菌類 2.20
2632 cytoskeleton 細胞骨格 基礎 5.00
439 cytotype サイトタイプ 2.50
443 dam 種雌 応用 1.50
444 dark reactivation 暗回復 細菌 2.20
445 dark repair 暗修復 細菌 2.20
446 darwin ダーウィン【進化速度の単位】 進化 3.00
450 daughter cell 娘細胞 基礎 2.44
451 daughter chromosome 娘染色体 基礎 2.67
452 daughter nucleus 【pl.】 daughter nuclei 娘核 基礎 1.86
454 deamination 脱アミノ 分子 1.71
2373 dedifferentiation 脱分化 基礎 5.00
455 defect (1)障害 (2)異常 (3)欠損 基礎 1.40
456 deficiency (1) 欠損 (2) 欠失 基礎 2.20
457 degeneracy (1)縮重 (2)縮退 分子 2.33
458 degenerate codon 縮重コドン 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) コドン 3.50
459 degenerate primer 縮重プライマー 分子 3.38
460 delayed inheritance 遲発遺伝 基礎 3.00
461 delayed mutation 遲発[突然]変異 基礎 2.20
462 deleterious gene 有害遺伝子 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝子 2.17
463 deletion 欠失 染色体構造異常のひとつ。染色体腕内の2箇所で切断が起き、断片が失われて再結合した状態。 基礎 3.80
464 deletion mapping 欠失マッピング 基礎 詳しい説明の関連語 染色体地図 2.71
465 deme ディーム 集団 3.67
466 demography (1)個体群統計学 (2)人口統計学 集団 3.00
2633 denaturation 変性 1.00
467 dendrogram デンドログラム(樹状図) 進化 3.29
468 density-dependent selection 密度依存選択 進化 3.00
469 deoxyribonuclease デオキシリボヌクレアーゼ 核を持つ生物の総称。単細胞、多細胞からなるものがある。 分子 3.89
470 deoxyribonucleic acid デオキシリボ核酸 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 4.25
2374 deoxyribonucleoside デオキシリボヌクレオシド 基礎 3.00
471 deoxyribonucleotide デオキシリボヌクレオチド 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 4.00
2375 derivative 派生個体 1.00
2793 derivative chromosome 派生染色体 細胞 0.00
472 derived character 派生形質 進化 3.40
473 descendant 子孫 基礎 2.11
474 detrimental gene 有害遺伝子 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝子 2.29
475 detrimental load 有害荷重 集団 2.50
476 detrimental mutation 有害[突然]変異 基礎 2.40
477 deuteranomaly 弱度第二色弱 人類 2.00
478 deuteranopia 強度第二色弱 人類 2.00
2376 development 発生 基礎 5.00
479 developmental genetics 発生遺伝学 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.88
480 diakinesis 移動期【減数分裂の】 減数分裂第一分裂前期において複糸期に続く時期。凝縮の進んだ二価染色体が分裂中期の赤道板平面に移動する。  基礎 3.29
481 diallel analysis 総当たり分析 応用 2.20
482 diallele cross (1)総当たり交配 (2)総当たり交雑 応用 交配 2.20
483 dicentric 【形】 二動原体 細胞 1.38
484 dicentric chromosome 二動原体染色体 細胞 2.71
2516 dicer ダイサー 分子 5.00
485 dideoxy chain termination method ジデオキシチェーンターミネーション法 分子 2.75
486 differential display ディファレンシャルディスプレー 分子 3.00
2634 differentiation 分化 基礎 5.00
487 diffuse centromere 分散型セントロメア 細胞 2.67
488 dihybrid 二遺伝子雑種 基礎 2.40
489 dikaryon (1)二核相 (2)二核[共存]体 2.71
490 dimorphism 二型性 基礎 3.33
491 dioecious 【形】 (1)雌雄異体 (2)雌雄異株 植物 3.00
492 diplohaplont 複単相生物 基礎 2.60
493 diploid 【形】 (1)複相体 (2)二倍体 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 倍数体 4.00
495 diploid number (1)複相数(2n) (2)二倍数(2x) 基礎 3.00
494 diploid generation 複相世代 基礎 詳しい説明の関連語 倍数体 3.00
496 diploid phase 複相 基礎 詳しい説明の関連語 倍数体 3.00
497 diploidy (1)複相性 (2)二倍性 (1) (2)一倍性染色体セットが2つ存在する状態。そのような細胞または個体を二倍体という。有性生殖をする生物種の体細胞はふつう二倍性である。 基礎 詳しい説明の関連語 倍数体 2.75
498 diplophase 複相 基礎 1.67
499 diplotene 複糸期 減数分裂第一分裂前期において太糸期に続く時期。対合してできた二価染色体の中で相同染色体の分離が始まる,したがって4本の染色分体とキアズマが識別できるようになる。 基礎 3.29
501 direct repeat sequence 定方向反復配列(順方向反復配列) 分子 3.00
500 directed mutagenesis 定方向[突然]変異誘発 分子 詳しい説明の関連語 変異 3.00
502 directional selection 定方向選択 進化 3.00
503 disassortative mating 異類交配 集団 交配 2.00
504 discontinuous character 不連続形質 基礎 2.33
505 discordance 不一致【双生児の】 人類 3.00
2377 discordant 不一致の 集団 1.00
506 disjunction 分離 基礎 2.86
2594 disomic 【形】 ダイソミー 詳しい説明の関連語 染色体異常 3.00
2378 disomics ダイソミー個体 詳しい説明の関連語 染色体異常 3.00
507 disomy ダイソミー 相同染色体が1対(2本)存在する状態。正常な二倍性細胞では、異型の性染色体以外の染色体はすべてダイソミーである。 主要語、重要 細胞 1頁使い詳しく説明(主要語) 染色体異常 3.00
508 disruptive selection 分断選択 進化 3.00
509 dissociation-activator system 解離活性化因子系 植物 2.50
510 distal 【形】 (1)遠位 (2)端部 (3)末端方向 (1) 染色体上のセントロメアより離れた(テロメア近傍の)位置またはその方向。 1.25
511 distributive pairing 分配対合 2.50
512 diurnal rhythm 日周リズム 2.50
513 divergence (1)分岐 (2)多様化 基礎 2.12
514 divergent evolution 分岐進化 進化 3.40
515 diversifying selection 多様化選択 進化 3.00
516 diversity (1)分岐 (2)多様性 主要語、最重要 基礎 variation 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.78
517 division 分裂 基礎 2.29
518 dizygotic twin 二卵性双生児 人類 2.40
2570 dizygotic twins 二卵性双子 集団 1.00
2284 domain ドメイン 分子 5.00
2381 domain shuffling ドメインシャッフリング 基礎 5.00
538 domestication (1)家畜化 (2)栽培化 基礎 2.75
539 dominance 顕性 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 4.40
540 dominance deviation 顕性偏差 応用 2.00
541 dominance variance 顕性分散 応用 2.33
542 dominant 【形】 顕性 単一遺伝子に依存する遺伝形質で,アレルの組み合せ(遺伝型)がヘテロ接合のとき,ホモ接合のときと同様に現れる形質を,他のアレルに対して顕性であるという。従来の優性に代わる用語。 主要語、最重要 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 2.80
543 dominant character 顕性形質 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 3.25
544 dominant gene 顕性遺伝子 基礎 3.25
545 dominant negative mutation 顕性阻害突然変異 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 顕性/潜性 3.44
547 doner splice site ドナースプライス部位 分子 3.00
546 donor (1)供与体 (2)供与菌 3.00
548 dosage (1)供与量 (2)用量 (3)線量 基礎 2.25
549 dosage compensation 遺伝子量補正 性染色体の遺伝子発現量が雌雄で同じになること。性決定様式の異なる生物種によってメカニズムが異なる。哺乳類の場合、性染色体はオス(XY)、メス(XX)であるが、X染色体の遺伝子発現量は雌雄で同じになる。これは、メスのどちらかのX染色体の遺伝子発現が抑制されているからである。遺伝子量補償ともいう。 3.50
2382 dosage effect 量的効果 3.00
550 dose (1)供与量 (2)用量 (3)線量 基礎 2.25
551 dot blotting ドットブロット法 分子 3.25
2635 double cross (1)複交配 (2)複交雑 交配 1.00
552 double crossing-over 二重交差(乗換え) 減数分裂の際に相同染色体間の交差が2カ所で起きること。 基礎 詳しい説明の関連語 組換え 3.22
553 double fertilization 重複受精 被子植物に特有の受精様式。花粉を構成する2つの精細胞の一方が、胚嚢を構成する1つの卵細胞と融合して核相が2nの受精卵を形成し、もう一方が2つの極核をもつ中央細胞と融合して核相が3nの胚乳を形成する現象。-- Main.KenichiNonomura - 2011-12-27 植物 3.57
554 double first cousin 二重いとこ 人類 1.80
555 double helix 二重らせん 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.40
556 double strand 二本鎖 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.40
557 double-strand break 二本鎖切断 分子 1頁使い詳しく説明(主要語) 組み替えの分子機構 2.80
2384 double-strand-break repair model 二重鎖切断修復モデル 詳しい説明の関連語 DNAの構造と修復 3.00
2383 doubled haploid 倍加単数体 基礎 詳しい説明の関連語 倍数体 3.00
558 doubling dose 倍加線量 2.25
560 downstream 【形】 下流 分子 2.50
561 drift 浮動 集団 1頁使い詳しく説明(主要語) 遺伝子プール 3.14
562 drug resistance 薬剤抵抗性 3.00
563 drug tolerance 薬剤耐性 2.25
2386 duplex 二重鎖 1頁使い詳しく説明(主要語) DNAの構造と修復 3.00
565 duplicate gene 重複遺伝子 基礎 詳しい説明の関連語 進化のしくみ 3.44
566 duplication 重複 基礎 1頁使い詳しく説明(主要語) 進化のしくみ 3.67
567 dwarf わい(矮)形 基礎 2.43
568 dwarfism わい(矮)性 基礎 1.86
569 dyad (1)二分子 (2)二分染色体 基礎 2.71
2556 eQTL 【略】 eQTL ゲノム expression Quantitative Trait Locus 3.00
573 early gene 初期遺伝子 2.17
574 ecological genetics 生態遺伝学 基礎 詳しい説明の関連語 遺伝学 2.12
575 ecological isolation 生態的隔離 進化 3.00
576 economic trait locus 経済形質遺伝子座[位] 応用 2.50
577 ecotype 生態型 基礎 3.00
578 ectopic expression 異所的発現 3.57
579 ectopic gene conversion 異所的遺伝子変換 詳しい説明の関連語 組み替えの分子機構 2.20
580 effective population